【英語 Speaking 練習法】イソップ童話 伝言ゲーム

心に残るイソップ童話

イソップ童話は短く、教訓もあり、心に残ります。
にがみ塾では、これを英語 Speaking 【話す】 授業に使っています。

ヒョウと鳥

icon-female イソップ童話を、インプット(入力)

■生徒さんのレベルに合わせ、インプット方法を選びます。
たとえば…

icon-book
【英検2級ほど】英語でイソップ童話を読む

icon-headphones【英検準2級ほど】英語でイソップ童話を聞く

わかりやすいインプットなら…

icon-book日本語でイソップ童話を読む
icon-headphones日本語でイソップ童話を聞く

■電子書籍で、安く読みやすいイソップ童話の本が、多く出版されています。
(スマートフォンでアプリをダウンロードして読めます)

 

icon-female icon-comment-o  |icon-male ついたて越しの2人目に、アウトプット(出力)

■内容を知らない2人目に、イソップ童話の内容を、口頭で伝えます(英語)。
■2人目は、質問を自由に出来ます(ただし、英語のみ)。
■ついたてで、視覚による助けをなくします。
もし、難易度を下げたい時には、ついたてを外し、視覚の補助もOKにしてください。

スピーキングの授業時のついたて

 

どの技能のトレーニングか意識

何のためのトレーニングかを意識すると、集中力と効果が変わります。
(にがみ塾では、表を指さし、「コレをトレーニング!」と告げます)
にがみ塾 英語4技能表
今回のトレーニングを例にとると…

icon-female 1人目
インプット時 Reading【読む】/ Listening【聞く】
アウトプット時 Speaking【話す】

icon-male 2人目
インプット時 Listening【聞く】
質問時 Speaking【話す】

が、鍛えられます。


「英語を話す際、内容に困る」という方にも、イソップ童話はオススメです。
「なにかおもしろい話をして」という無茶ブリに、英語でスマートに対応するチャンスかも知れません。
「イソップ童話に、こんな話があるんだ」なんて、話を切り出してみるのはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です