【特別授業】GC&T 代表取締役社長・大阪英語村 初代館長 梅澤直臣さん

梅澤直臣社長、にがみ塾にご来塾

グローバル・コミュニケーション&テスティング(GC&T) 代表取締役社長 梅澤直臣さんが、にがみ塾にお越しくださいました。
2017.6.12 梅澤直臣社長3

梅澤直臣社長のご紹介

GC&Tは、TOEFL iBTの若年層向けテスト
・TOEFL Junior
・TOEFL Primary
を日本で普及させています。

また、梅澤社長は、入社当時30万人だったTOEIC を、20年間の間に230万人規模まで拡大させた功労者のひとりです。

そして、2015年にオープンした大阪英語村「OSAKA ENGLISH VILLAGE」初代館長として、事業の立ち上げに携わっておられました。

にがみ塾の授業をご覧いただいた後、高校生にメッセージをくださいました。
2017.6.12 梅澤直臣社長8
  2017.6.12 梅澤直臣社長6   

梅澤社長が、高校生に伝えたいこと

 icon-check-square TOEFL・TOEICとはどういった試験なのか
ということを皮切りに、
 icon-file-o
アジア圏内で見た日本人の英語力
 
icon-file-o どのような学習をすべきか
 icon-file-o 
これから大学生になる前に知っておいてほしいこと

といった点に関し、お話しくださいました。

2017.6.12 梅澤直臣社長7

その内容を、以下にまとめます。

日本の英語力は、アジアの中でも低い位置にあります。
特にスピーキング能力の低さが顕著です。その理由は使用頻度。
いかに毎日の生活の中で使用する機会を作るかが重要です。

毎日の生活の中で、ほんの数分で良いので英語を使うこと。
たとえば、家の中に英語を話さなければいけないゾーンを作ってしまう。
そのゾーンにテープで印をする。

ご家族と協力して、楽しみながら、英語を使う環境を作りましょう

2017.6.12 梅澤直臣社長5

日本から出る気はないので、英語はやらなくても良い、ということは通用しなくなってきています。
アジアの様々な国で、高い教育熱に、更なる拍車がかかっています。

彼らの進路の選択肢に日本留学があり、優秀なアジア人が次々と日本に入ってきます。
その方々と競うことになります。英語が出来ることは必須です。

【国内にとどまるから大丈夫】ではなく、
【グローバルな流れは、向こうから日本へ入ってくる】のです」

2017.6.12 梅澤直臣社長9

「大学生になったら、
 icon-circle-o 英語
 
icon-circle-o 英語以外の外国語
 
icon-circle-o ご自身の専門分野

この3つをそろえてください。

英語以外の外国語は、中国語やスペイン語の様に、使用者が多い言語が良いです。
また、モチベーションはこの言語を学んだら、その国の素敵な恋人が出来るということで大丈夫です。
ぜひ楽しみながら言語を身に付けてください

2017.6.12 梅澤直臣社長4

この日、日本の英語教育の最前線にいらっしゃる梅澤社長に、高校生たちは直接お会いしました。
実際にお会いして教えていただいたことは、強く心に残ります。
梅澤社長とお会いした経験、お話しいただいた内容を、彼らは忘れないことと思います。

5年後のこの子たちが、この日の経験をどう振り返るか、本当に楽しみです。
それを思い、その場にいた私も、気持ちが高まりました。

10年後の日本人の英語力を高めるために、様々な方々のお力を借り、協力し合いながら、子供たちに多方向から英語学習の楽しさ・重要さを伝えていきたいと思います。
梅澤社長、このたびはにがみ塾で高校生とお会いいただき、貴重なお話をありがとうございます。

2017.6.12 梅澤直臣社長2017.6.12 梅澤直臣社長2

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です