「英語で交渉」を練習しましょう

「英語で交渉」を練習しましょう

「水曜英語」という、どなたでも参加できるオンライン英語コミュニティがあります。
4月3日(水)は、丹上とレイディがファシリテーターを担当します。

今回は、全編「交渉」をテーマに、英日の二か国語で解説します。
日常生活で、ぜひご活用ください。

■【参加費】無料
■【参加資格】なし。どなたでも参加できます。英語力は英検準2級ほどあれば楽しんでいただけます。
■【事前予約】不要
■【開催時間】21:40-23:00
■【入室方法】21:35 を過ぎましたら、以下のURLをクリックしてください。
(お時間前は入室できません。お気を付けください)
https://zoom.us/j/204875742

**********************
Is there one especially “rational way” to divide $2 with a stranger? One of tomorrow’s negotiation role plays will focus on splitting this amount of money between two parties. Believe it or not, there are various available negotiation strategies which we can use in this case, and we will apply some of them tomorrow.

All you should know so far is that there are three types of bargaining:
1. Distributive or “win-lose” bargaining—in which the gain of one person is the loss of another.
2. Collaborative (also known as “integrative” or “win-win”) bargaining in
which both parties win.
3. Mixed motive bargaining.

In real life, it can be difficult to illustrate #1 and #2, because true win-lose situations and pure win-win situations are relatively rare.

Most negotiations are actually “mixed motive” bargaining, including both distributive and integrative elements.

Tomorrow’s negotiation practice will illustrate all three bargaining types.

2ドルを見知らぬ人と分けるとき、「合理的な方法」はあると思いますか?
この場合に使用できるさまざまな交渉戦略があり、明日それらのうちのいくつかをご案内します。

まず知っておいていただきたいのは、交渉には3つのタイプがあるということ。
1.分配的(win-lose)交渉
2.協調的(win-win)交渉
3.混合的な動機の交渉

完全な win-lose や win-win の状況が起こるのは、現実の交渉では、まれです。
ほとんどの交渉は、分配的要素と協調的要素の両方を含む、「混合動機」交渉です。

これら3つの交渉タイプについて、皆さんと学んでいきます。

**********************