にがみ塾長って、どんなひと?

塾長はどんな経歴? なんで英語が出来るの?

塾長 丹上卓哉の経歴や、これまでどのような英語学習をしてきたかをお伝えします。
丹上のひととなりや、英語学習方法を知る機会になれば幸いです。

 

高校時代

立の中堅高校に通っていました。成績は、ほぼ学年最下位でした。
幼少期や10代前半を海外で過ごした経験も、ありません。
ごく普通の、落ちこぼれ高校生でした。

部活は水泳部に在籍。
屋外プールのため、夏に泳ぎ、それ以外の季節は、しっかりと走り込みと筋トレをする、かなりハードな部活でした。
また、それを言い訳に、勉強をしない高校生でした。
部活では「主将」をしていました。
というものの、その他に「部長」という役職もありましたので、実質的には「副部長」といったぐらいの役割を、部内でしていました。

校則があまり厳しくない高校で、アルバイトも、バイクに乗るのも、OKでした。
バイク通学は禁じられていましたが、それでもバイクで学校に行くような高校生でした。
アルバイトをして貯金をし、原付スクーターが速くなるよう、改造するのが楽しかったことを覚えています〈もちろん法律の範囲内でしたが〉。
近所のお兄さんが、バイクを改造するのを手伝ってくれました。
この頃、時間は山ほどあったのですが、まるで勉強に費(つい)やしていませんでした。

高校2年生の時、起床すると、お昼のテレビ番組「笑っていいとも」が始まっているような生活を送っていました。
6時間目の授業に遅刻して行くほどで、ほぼ部活をするために、学校に行っているようなものでした。
ある日のこと、いつもは優しい担任の先生に真顔(まがお)で「丹上君、つぎ遅刻したら、留年ね。」と告(つ)げられました。
思い返せば、本当にどうしようもない学生で、先生がたに、ご迷惑のかけ通しでした。

そういう生活をしていたものの、この頃から、将来どう生きるのか、漠然(ばくぜん)と考え始めた気がします〈もちろん、考えたところで、全く分かりませんでした〉。
ただ、読書は子供の時から好きで、高校生の頃も気になる本だけ、夜中に読みふけっていました。
自分がどういう生き方をするかのヒントを、本の中で見つけたかったのかもしれません。

そして、翌日、目を覚ますと「笑っていいとも」が始まる時間になっている、という自堕落(じだらく)な生活を繰り返していました。


◇水泳部の仲間とともに (丹上:右から3人目)

 

大学受験(現役時)

校3年生になっても、進路がわからずにいました。
学年で下から数えた方が早い成績でありながら、大学に行ってみたい気持ちがありました。

当時、現代文の成績だけは、良かったことを覚えています。
模擬試験で「主人公の最も適切な気持ちを選べ」という問いがあると、「これかな?なぜかはわかんないけど、そういう気がする」といったように選んでいました。
普段から好きな本だけは熟読するせいなのか、正解することが多かったように思います。

現代文の成績は偏差値70を超え、都で上位何番、ということもありました。
現代文での高い成績が「ひょっとしたら、大学に受かるかもしれない」と、調子に乗る原因でした。

他科目の成績は、壊滅的でした。
英語はもちろん、出来ませんでした。
また、社会科目は「教科書が薄い」という理由で政治経済を選んでおり、こちらもかんばしい成績ではありませんでした。

そういったふまじめさの反面、大学に落ちたら、陸上自衛隊に行こうと思っており、入隊試験を受けました(「バイク部隊に入りたい」と、夢見がちなことを言っていましたが)。

お笑いが好きで、関西の大学に行きたいと思っていました。
英語と現代文の2科目のみで受験できる大学を受けました。
英語が出来ずに受かるはずもなく、不合格になりました。

不合格通知を見て初めて、自分の馬鹿さ加減と、中途半端さ加減に、情けなくなりました。

 

ちゃんと勉強しようと決める

験大学すべてに不合格となりました。
自衛隊には行かず、「浪人をさせてください」と親に頼みこみました。
当然のことながら、きつく叱られ、以前行ったことのある思い出の場所、静岡県熱海市へ逃げました。

夜、寝る場所を求め、駅近くのコインロッカーに行きました。
プラスチックのベンチで横になっている私は、どう見ても不審者でした。
寒さで寝られず、コインロッカーの注意書きを見つめている内に、眠りに落ちました。

朝になり、ガヤガヤとした声に目を覚ますと、私の周りに中学生が集まっていました。
その日は修学旅行で、集合場所が、そのコインロッカー前のようでした。
安住の地を求め、砂浜に移動。

なけなしのお金で、海岸沿いのファミリーレストラン「すかいらーく」に入店。
暖を取りながら、これまでの自分を振り返りました。
「これから1年、本気で勉強しなければ、おれは本格的にダメなやつだなあ」と、いつになく、しんみりした気持ちになっていました。

 

浪人生活

の大学にも合格しなかった私は、ありがたいことに実家に住みながら、浪人生活をさせていただけることになりました。

その春、自転車で通える距離に、小さな予備校ができたことを、新聞の折り込み広告で知りました。
入校相談会に行くと、経営者で英語講師の先生が、大阪出身の面白そうな先生でした。
当時、勉強をした経験のない私には、入る塾を比較しようにも、何を基準に比較をすべきか、まったくわかりませんでした。あまり迷わずに、その予備校で勉強することに決めました。

その予備校での英語学習では
・「単語は根性でおぼえろ」
・「英文法はやらなくていい」
・「音読をしろ」
という指示が出ました。

ひいひい言いながら単語を覚え、喉がガラガラになるほど、毎日音読しました。(音読のテキストは、増進会出版「速読英単語」必修編を使っていました)
速読英単語1必修編[改訂第6版]

なお、私があの頃の自分にアドバイスをするなら、
「英文法を学習しなさい」
「まずは英文法の本質的な部分だけ、短期間で全般的に理解しなさい」
「その文法知識を、長文読解やスピーキングの中で、瞬間的に使えるところまで定着させなさい」
と伝えます。

音読を徹底的にやったことは、大きな効果が出たと思います。
その後、ニュージーランドに滞在した際に、流暢〈りゅうちょう〉に話せるようになるまで、さほど時間がかからなかったのは、これでもかというほど音読した経験があったからだと思います。

模擬試験である程度の所まで(偏差値55ほど)行くのですが、その先に上がりませんでした。典型的な頭打ちの状態でした。
英文法知識がないのですから、長文を深く読み込めるはずもありません。

「いつか突然出来る様になる」と、根拠なく信じてがんばっていました。成績が上がらないのは、自分の根性が足りないのだと思い、がんばってへとへとになっていました。

この時期、われながら本当に一生懸命に勉強していました。
人生で初めて「これ以上はできません」という所まで勉強した時期でした。

英語指導のプロになった今、当時の自分を振り返れば、ベクトルの方向性(勉強方法)は間違っていましたが、ベクトルの長さ(がんばり)に関しては、とても良かったと思います。

ただし、どこまで勉強をすればオーバーワークになるか、どのように休憩し、バランスをとるかということは分かっておらず、がんばりさえすれば良いと考えている時期(あの頃の自分にきびしい言い方をするなら、がんばっている自分に酔っている時期)であったと思います。

 「効果を出すこと」  「達成感を得ること」 の二つは別物です。
これらをごちゃまぜにして、考えるべきではありません。

目指すべきは 「効果を出すこと」 です。
たまたまこの二つが両立することもありますが、自分の行っているトレーニングが「効果を出すもの」かどうか、常にチェックしながら、学習をおこなうという考え方を、この浪人生活で痛感したように思います。


◇浪人時の勉強記録

(つづく)