ICEE(アイシー)2018 が開催されました

ICEE(アイシー)とは?

9月末、東京浅草で、ICEE 2018 が開催されました。
ICEE は、同時通訳者の松本道弘先生が31年前に始められた、英語スピーキング・トーナメント。日本全国から英語の腕自慢が集まります。
予選を通過した24名が、以下の競技を通過して優勝者を決定します。


◇ ディベート
◇ 同時通訳
◇ 交渉
◇ ジャーナリスティック・インタビュー


みんなで楽しむ「お祭り型」検定試験

私は今年は、裏方として参加。裏方となるのは、初めての経験。
問題作成や設営、参加者のかたの点数をPC入力、などをお手伝いさせていただきました。
準備段階から関わらせていただき、参加者の皆さまへの細かな心遣いがあることがわかりました。


友人の、高校英語科教諭、田中十督(じゅうごう)さん、西山哲郎さん、お二人の作った英語学習会「暁(あかつき)の会」の皆さんと共に、盛り上がりながら準備を進めてきました。

松本道弘先生がおっしゃる通り、ICEE は、みんなで楽しむお祭り型の検定試験です。「勝っておごらず、負けてくさらず、堂々と次回への糧とする」という大会です。参加することで、次回への自分の課題が見えてきます。


また、今年から 『ICEE YOUTH(アイシー・ユース)』が新たに開催されました。こちらは、25歳以下のかたを対象となっています。
特に中高生が活躍しました。
若い世代から、日本人の英語力が格段に伸びてきていることを、肌で感じています。



 

【松本道弘 先生】Zoom で全国の高校生に授業

松本道弘 先生 meets 全国の高校生

今回は 東京・京都・石川 の高校生が参加!
Zoom(インターネット上の会議室アプリ)を使って実施。

道弘先生の英語に対する考えかたを、いろいろな角度から、高校生にお伝えします。( 今回は 『 give と get をもっと使おう 』というお話)

英語4技能のその先にある《 英語でディベートが出来る高校生 》を増やしていきたいと思います。

【セミナー案内】松本道弘先生 with 暁(あかつき)の会 京都『六角ディベートセミナー』

松本道弘先生が、半世紀かけて作ってきた英語学習の技術を、若い世代に伝えたい、と思っています。

直接、道弘先生にお会いすると、気づかされることがイロイロ。

今、英語教育業界で提起されていることを、ずいぶん昔から道弘先生がおっしゃってたり、直接お話を伺うと、かなりぶっ飛びます。

7月22日に、道弘先生と「暁(あかつき)の会 京都」がコラボセミナーを開催。

丹上も参加してきます。


暁京都の7月夏祭り🎇

日時:7月22日(日)
   13時~17時
場所:ベーコンラボ4階 会議室
内容:六角ディベート体験
   アメリカとイギリスの交渉術の違い
参加費:4000円

以下のURLよりお申込みください。

https://form.os7.biz/f/ad7ad115/

「ICEE(アイシー)2018」 が9月に開催予定です

ICEE(アイシー):年一度の英語スピーキングまつり

秋に ICEE 2018 がやって来ます。
トーナメント形式で優勝者を決定。

勝っても負けても、自分の英語の改善点が見つかります。
みんながそれぞれ楽しめるお祭り。

ICEE 2017の動画です。
最前列、ひげ坊主頭が塾長の丹上です。


松本道弘先生【高校生へのディベート講座】その2 「ディベートと議論のちがい」

日本にディベートを広めた松本道弘先生 高校生へ直接指導

その2「ディベートと議論のちがい」

松本道弘先生の、高校生へのディベート講座が、にがみ塾でおこなわれました。

「ディベートって、わいわい意見を言い合う、くちゲンカみたいなやつでしょ?」
ノンノン!ディベートと議論はちがいます icon-smile-o

英語ができるようになるために、ディベートの知識が必要です。
まずは「ディベートと議論のちがい」を、以下の動画(1分30秒)で確認しましょう。


松本道弘先生【高校生へのディベート講座】その1 松本先生の自己紹介

日本にディベートを広めた松本道弘先生 高校生へ直接指導

その1 松本先生の自己紹介

松本道弘先生が、にがみ塾で高校生にディベート講座をしてくださいました。
その様子を、YouTubeにアップしました。1回目となる今回は、松本先生の自己紹介から始まります。

動画内で、松本先生が横山雅彦先生について、お話しています。
横山先生は、ロジカル・リーディング(ディベートの思考方法を応用し、横山先生が体系化した長文読解法)を、提唱なさっています。

私、丹上も、英検1級の受験準備をする際、横山先生のテキストを拝読し、長文読解の精度と速度が大きく向上しました。松本先生がにがみ塾にいらした際に、横山雅彦先生がお書きになられた本を、ご紹介した次第です。

横山先生は著書の中で、松本先生について、以下の様に述べておられます。
『日本最初の同時通訳者で、アポロ宇宙船月面着陸の同時通訳で知られる西山千さんが、お弟子さんの松本道弘さんと対談して本を出しておられます。
 お二人ともぼくが大学生だったころ、まさに全国の大学ESSのメンバーの憧れの的、英語界のスーパースターでした。』
「横山メタロジック会話英語講義の実況中継」(語学春秋社)p.83より)

英語学習とディベートは、切っても切り離せない関係にあります。
また、ディベートの思考方法に慣れ親しむことで、英文を読むことはもちろん、英語を話すことが飛躍的に上達します。
英語を学ぶ多くの方に、ディベートの重要性と楽しさを知っていただければと願っています。

 

【丹上講師の研修】@紘道館:逐次通訳とディベート

通訳とディベートの練習

松本道弘先生紘道館(こうどうかん)でトレーニング
この日は
◇午前 逐次通訳(ちくじつうやく)
◇午後 ディベート
の2本立て。
参加者は15名ほど。

逐次通訳とは「話者があるまとまりを話し終えてから、通訳者が翻訳する方式」(広辞苑より引用)。
この日のテーマは『幕末』。
一人ずつみなさんの前に出てきて、松本先生が2分間話した英語を逐次通訳
松本先生が、それぞれ一人一人の英語力に合わせてくれます。

『英語道(えいごどう)』とは?

紘道館に興味ある方や、紘道館はハイレベルすぎると二の足を踏んでいる方は、ぜひ来てみてください。ご自身に合ったレベルでのトレーニングが出来ます。
特に、自分の英語力を伸ばすのに、もうひとつ山を越えたいと思っている人は、ヒントが見つかるかもしれません

「公武合体(こうぶがったい)」
「高杉晋作」
「山岡鉄舟」
「勝海舟」…

など、日本史で聞いたことのある言葉や人名が並びます。
『英語が話せる』とは、表面的な流暢さではなく、『話せる内容があること』だと、松本先生はおっしゃいます。

そのためにはまず、徹底的に「読む」「聞く」のインプットを重視すること。
話の中味を充実させることで、いざ話すときに『斬れる英語』になるとのことです。

英語を剣に喩(たと)え、常に磨くこと(つまり、インプットを怠らないこと)。
剣を抜く時とは、適切なアウトプットの瞬間!機を逃さず、素早く必ず相手を斬る
そして鞘に納める時も、気を抜かない。これが残心
武士の心構え、斬れる英語を身につける者の心構え―これがすなわち英語道
といいます。

中味がないのに、刀を振り回してチャンバラ、ではダメ。
「派手に見えるが中身のない英語」は目指さない。
日本人が目指す英語は、ネイティブを『なるほど。うーん、まいった!』とうならせる英語だとおっしゃいます。

そのためにも、日本的事象を学んでおくことは、必須なのです。

現代の日本についてディベート

お昼ご飯は、それぞれお弁当グループ・外食グループなどに分かれて、三々五々。
私は皆さんとラーメン屋さんで、カレーセット定食。

午後からはディベート
論題「2020年末までに日本で内戦は起きるか」
Resolved : that the Civil War will break out by the end of 2020 in Japan

 

紘道館のディベートは『六角(ろっかく)ディベート』と呼ばれています。
相手を叩くのではなく、いかに納得してもらうか相手との和を目指すディベートです。
交渉の要素が入っており、実生活の中でも活用できるようにと考案されています。

午前の幕末の話から、午後は「内戦」というテーマにつながっています。
内戦が起きるとすれば、その種火となる不満要因があるはずです。
幕末の時代から、今度は現在の日本国内になる問題点を、ディベートを通じて考えました。

【六角ディベート】 にチャレンジ!

六角( ろっかく )ディベートとは…

日本語でおこなうディベートの会に参加しました。
ディベートとは [あるテーマを、異なる立場に分かれ議論すること] 。

ディベート icon-chain 英語
この2つには、密接な関係があります。
ディベート
を意識すると、英語により親しみやすくなります。

この会のディベートは、【六角ディベート】 と呼ばれています。
創始者は、松本空龍(道弘)先生
松本空龍先生

元米国大使館同時通訳者で、多くの英語指導者が松本先生の影響を受けています。

六角ディベートは、議論の先にある 【相手との和】 を目指します。

〔相手の論理を叩いて独り勝ち〕は目指しません。

運営リーダー 服部真子さん

セミナーのリーダーは、服部真子 (はっとり なおこ) さん
松本先生に師事。
国際基督教大学に在学中、2007/08年ディベート全国大会で連続優勝。
NHK World TVで、ニュースディレクターをなさっています。

【ちょり】の愛称で親しまれ、参加者の活発な発言を引き出します。

第25回 ディベートgames-4
( 写真: 服部さん と 松本先生 )

真剣!でも、なごやかムード

いろいろな年齢や背景を持つ方々が参加。
学生さんから社会人まで、業種もさまざま。

第25回 ディベートgames-1

そのため、多様な角度の意見が飛び交います。
オモシロ意見も、出ます。

そして、まなざしは真剣そのもの。

ところが、雰囲気はピリピリとしたものではなく、いたってなごやか
その理由はやはり、六角ディベートの基本姿勢にあります。
つまり、議論の先にある 【相手との和】

次回、にがみ塾の生徒さんと、六角ディベートを学びに来たいと思います。
この日の詳細は、以下のリンクをご参照ください。
第25回日本語ディベートgames

第25回 ディベートgames