ICEE(アイシー)2018 が開催されました

ICEE(アイシー)とは?

9月末、東京浅草で、ICEE 2018 が開催されました。
ICEE は、同時通訳者の松本道弘先生が31年前に始められた、英語スピーキング・トーナメント。日本全国から英語の腕自慢が集まります。
予選を通過した24名が、以下の競技を通過して優勝者を決定します。


◇ ディベート
◇ 同時通訳
◇ 交渉
◇ ジャーナリスティック・インタビュー


みんなで楽しむ「お祭り型」検定試験

私は今年は、裏方として参加。裏方となるのは、初めての経験。
問題作成や設営、参加者のかたの点数をPC入力、などをお手伝いさせていただきました。
準備段階から関わらせていただき、参加者の皆さまへの細かな心遣いがあることがわかりました。


友人の、高校英語科教諭、田中十督(じゅうごう)さん、西山哲郎さん、お二人の作った英語学習会「暁(あかつき)の会」の皆さんと共に、盛り上がりながら準備を進めてきました。

松本道弘先生がおっしゃる通り、ICEE は、みんなで楽しむお祭り型の検定試験です。「勝っておごらず、負けてくさらず、堂々と次回への糧とする」という大会です。参加することで、次回への自分の課題が見えてきます。


また、今年から 『ICEE YOUTH(アイシー・ユース)』が新たに開催されました。こちらは、25歳以下のかたを対象となっています。
特に中高生が活躍しました。
若い世代から、日本人の英語力が格段に伸びてきていることを、肌で感じています。



 

同時通訳トレーニングをしてきました

同時通訳トレ@紘道館

日曜日に、同時通訳者 松本道弘先生の私塾 紘道館(こうどうかん)に行ってきました。
同時通訳と、英語ディベートの練習。
同時通訳は、日本語→英語英語→日本語 の両方を実施。

日本語と英語は、語順が逆になります。
また、英語は語順が大事
英語の語順を意識して、文の先頭からよどみなく通訳する訓練をします。

「同時通訳!別世界のはなし!」と思わないでください。
同通トレは、高校生の英語力を高めるのに、とても有効なんです。

大学受験生のかたは、まずは過去問(長文読解)を題材に、文の先頭から、順番に意味を取る癖をつけてみてください。
より正確に、素早く情報を得られます。

英語力の伸びが速いですし、リスニングやスピーキングに、すぐに応用できますヨ!