ICEE(アイシー)2018 が開催されました

ICEE(アイシー)とは?

9月末、東京浅草で、ICEE 2018 が開催されました。
ICEE は、同時通訳者の松本道弘先生が31年前に始められた、英語スピーキング・トーナメント。日本全国から英語の腕自慢が集まります。
予選を通過した24名が、以下の競技を通過して優勝者を決定します。


◇ ディベート
◇ 同時通訳
◇ 交渉
◇ ジャーナリスティック・インタビュー


みんなで楽しむ「お祭り型」検定試験

私は今年は、裏方として参加。裏方となるのは、初めての経験。
問題作成や設営、参加者のかたの点数をPC入力、などをお手伝いさせていただきました。
準備段階から関わらせていただき、参加者の皆さまへの細かな心遣いがあることがわかりました。


友人の、高校英語科教諭、田中十督(じゅうごう)さん、西山哲郎さん、お二人の作った英語学習会「暁(あかつき)の会」の皆さんと共に、盛り上がりながら準備を進めてきました。

松本道弘先生がおっしゃる通り、ICEE は、みんなで楽しむお祭り型の検定試験です。「勝っておごらず、負けてくさらず、堂々と次回への糧とする」という大会です。参加することで、次回への自分の課題が見えてきます。


また、今年から 『ICEE YOUTH(アイシー・ユース)』が新たに開催されました。こちらは、25歳以下のかたを対象となっています。
特に中高生が活躍しました。
若い世代から、日本人の英語力が格段に伸びてきていることを、肌で感じています。



 

【ご案内】暁の会 英語オンライン・ディスカッション

高校生が司会 英語オンライン・ディスカッション

にがみ塾の丹上の友人、高校英語科教諭 田中十督(じゅうごう)先生と、西山哲郎先生が、暁(あかつき)の会という勉強会を主催しています。

この会は Zoom(ズーム。インターネット上の会議室アプリ)を使い、水曜日の夜に、英語オンライン・ディスカッションをおこなっています。

日本全国から、時に海外からも参加者が集まります。
参加費、無料
耳だけ(聞くのみ)参加も、OK

最近では、高校生が司会をしています。
高校生が英語を使い、大人も参加するこの会をファシリテーション(盛り上げ)。回を重ねるごとに、ファシリの仕方がうまくなってきています。

これって、実はすごいことなんです。こんな高校生たちが、日本各地で自分たちの会を始めたら、日本の英語力はとんでもない伸び方をするはず

その可能性を秘めたのが、暁の会です。ぜひ、高校生・大学生・社会人の皆さま、遊びに来ませんか?

どんな英語力の方も大歓迎です。
お気軽にお越しください。

田中先生のTwitterにて、当日の夕方に、URL(インターネット上の住所。https://zoom.us/j/○○○みたいなもの)が発表になります。
そのURLをポチッとすると、参加できます。

 

田中先生のTwitterには、以下のリンクからどうぞ。
田中十督先生 Twitter

【松本道弘 先生】Zoom で全国の高校生に授業

松本道弘 先生 meets 全国の高校生

今回は 東京・京都・石川 の高校生が参加!
Zoom(インターネット上の会議室アプリ)を使って実施。

道弘先生の英語に対する考えかたを、いろいろな角度から、高校生にお伝えします。( 今回は 『 give と get をもっと使おう 』というお話)

英語4技能のその先にある《 英語でディベートが出来る高校生 》を増やしていきたいと思います。

【セミナー案内】松本道弘先生『六角ディベート、いかがですか?』

【ご案内:松本道弘先生「六角ディベート・セミナー」】

◇[松本道弘先生が指導]
元 米国大使館 同時通訳者 松本道弘先生が「六角ディベート」のセミナーを開催します。

◇ [六角(ろっかく)ディベートってなに?]
ディベートを日本に広めたことで知られる松本先生が考案した「六角ディベート」。
相手を「説得」するのではなく、「納得」してもらうことを目指します。

日常生活で使えることはもちろん、英検二次試験対策や、長文読解をする際にも、ディベートの思考方法は役立ちます。

◇ [こんなかたにオススメ]
「語彙」「文法」を定着させるだけでなく、さらに一歩、英語力を伸ばしたいかた

海外の人と話をして、なんとなく会話は続くけど「いまひとつ、深く話に入り込めない」と感じているかた

英語のスピーキングテストで、発言内容を充実させたいかた

英語で、自信をもって主張する生徒さんを育てたい英語教員のかた

 


【セミナー詳細】

◇[日時]
6月27日(水)21:00-23:00

◇[場所]
お手持ちのPCやスマホで、お好きな場所からご参加いただけます。
インターネット会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使用します。
インストール方法は簡単です。以下のサイトをご参照ください。
 ■PCへのインストール方法
https://zoom-kaigi.com/zoom-start/
 ■スマホへのインストール方法
https://zoom-kaigi.com/smaho/

◇ [参加費]
1,500円

◇[お申し込み方法]
参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。
https://form.os7.biz/f/057ad687/

主催の「暁(あかつき)の会」( https://www.facebook.com/Akatsuki.English4/ )より、お振込先のご案内が届きます。


英検準2級(高校中級程度)以上の英語力があれば、お楽しみいただけます。
皆さまのお越しをお待ちしています!

【特別授業】GC&T 代表取締役社長・大阪英語村 初代館長 梅澤直臣さん

梅澤直臣社長、にがみ塾にご来塾

グローバル・コミュニケーション&テスティング(GC&T) 代表取締役社長 梅澤直臣さんが、にがみ塾にお越しくださいました。
2017.6.12 梅澤直臣社長3

梅澤直臣社長のご紹介

GC&Tは、TOEFL iBTの若年層向けテスト
・TOEFL Junior
・TOEFL Primary
を日本で普及させています。

また、梅澤社長は、入社当時30万人だったTOEIC を、20年間の間に230万人規模まで拡大させた功労者のひとりです。

そして、2015年にオープンした大阪英語村「OSAKA ENGLISH VILLAGE」初代館長として、事業の立ち上げに携わっておられました。

にがみ塾の授業をご覧いただいた後、高校生にメッセージをくださいました。
2017.6.12 梅澤直臣社長8
  2017.6.12 梅澤直臣社長6   

梅澤社長が、高校生に伝えたいこと

 icon-check-square TOEFL・TOEICとはどういった試験なのか
ということを皮切りに、
 icon-file-o
アジア圏内で見た日本人の英語力
 
icon-file-o どのような学習をすべきか
 icon-file-o 
これから大学生になる前に知っておいてほしいこと

といった点に関し、お話しくださいました。

2017.6.12 梅澤直臣社長7

その内容を、以下にまとめます。

日本の英語力は、アジアの中でも低い位置にあります。
特にスピーキング能力の低さが顕著です。その理由は使用頻度。
いかに毎日の生活の中で使用する機会を作るかが重要です。

毎日の生活の中で、ほんの数分で良いので英語を使うこと。
たとえば、家の中に英語を話さなければいけないゾーンを作ってしまう。
そのゾーンにテープで印をする。

ご家族と協力して、楽しみながら、英語を使う環境を作りましょう

2017.6.12 梅澤直臣社長5

日本から出る気はないので、英語はやらなくても良い、ということは通用しなくなってきています。
アジアの様々な国で、高い教育熱に、更なる拍車がかかっています。

彼らの進路の選択肢に日本留学があり、優秀なアジア人が次々と日本に入ってきます。
その方々と競うことになります。英語が出来ることは必須です。

【国内にとどまるから大丈夫】ではなく、
【グローバルな流れは、向こうから日本へ入ってくる】のです」

2017.6.12 梅澤直臣社長9

「大学生になったら、
 icon-circle-o 英語
 
icon-circle-o 英語以外の外国語
 
icon-circle-o ご自身の専門分野

この3つをそろえてください。

英語以外の外国語は、中国語やスペイン語の様に、使用者が多い言語が良いです。
また、モチベーションはこの言語を学んだら、その国の素敵な恋人が出来るということで大丈夫です。
ぜひ楽しみながら言語を身に付けてください

2017.6.12 梅澤直臣社長4

この日、日本の英語教育の最前線にいらっしゃる梅澤社長に、高校生たちは直接お会いしました。
実際にお会いして教えていただいたことは、強く心に残ります。
梅澤社長とお会いした経験、お話しいただいた内容を、彼らは忘れないことと思います。

5年後のこの子たちが、この日の経験をどう振り返るか、本当に楽しみです。
それを思い、その場にいた私も、気持ちが高まりました。

10年後の日本人の英語力を高めるために、様々な方々のお力を借り、協力し合いながら、子供たちに多方向から英語学習の楽しさ・重要さを伝えていきたいと思います。
梅澤社長、このたびはにがみ塾で高校生とお会いいただき、貴重なお話をありがとうございます。

2017.6.12 梅澤直臣社長2017.6.12 梅澤直臣社長2

浅場眞紀子先生・愛場吉子先生 『高校3年生へメッセージ』

スピーキング指導のプロフェッショナル 浅場先生・愛場先生 ご来塾

浅場先生・愛場先生にがみ塾にご来塾2
Q-Leap株式会社 浅場眞紀子先生愛場吉子先生 が、にがみ塾へおこしくださいました。

icon-star-o 浅場先生は、慶應義塾大学をご卒業し、外資の企業2社穀物・オイルのトレーダーとして10年勤務。
その後、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで学びました。
ビジネス英語研修 Q-Leap株式会社 代表をなさっています。

icon-star-o 愛場先生は、筑波大学ご卒業後、コロンビア大学大学院で学びました。
企業で英語を教えたのち、Calvin Kleinニューヨーク本社に勤務。
帰国後、大手企業・ビジネススクール・大学にて英語指導をなさっています。

icon-book 前半「にがみ塾の授業」
icon-smile-o 後半「浅場先生・愛場先生から、高校生へメッセージ」
という流れで進めました。

「英文法マップ」を使った文法授業

にがみ塾を卒業目前の高校3年生たちが出席しました。
生徒さんひとりずつが講師となり、浅場先生と愛場先生を前にして文法解説

おふたりのご感想をお聞きし、意見交換をさせていただきました。
『社会人クラス』・『高校生クラス』の共通点と違いなども、お聞きしました。

また特に、にがみ塾のリーディング指導の印象をうかがいました。
にがみ塾の指導の特徴は、「文法知識の整理」にあります。
【博多】 icon-arrow-circle-right 【大阪】 icon-arrow-circle-right 【東京】
のように、ルートマップ状に、英文法を整理します。

ある語を通過したら、次に何が来るか、出来るだけ素早く予測します。
この考え方を「英文法マップ」と呼びます。

これを、英語4技能 『話す』 『書く』 『聞く』 『読む』 すべてに応用します。
例えば、『話す』際に、丸暗記したものを出すのでなく、ルートマップに沿って話します。

スピーキング指導のプロフェッショナルのおふたりから、貴重なご意見をいただきました。

『踏み出さなければなにも始まらない!』-おふたりからのメッセージ

浅場先生・愛場先生から、高校3年生の生徒さんたちへ、メッセージを英語でくださいました。

新生活に向かう生徒さんたちに、おふたりと会ってほしい理由がありました。
『未知のものにパワフルに踏み出していくオトナ』 を体感してほしかったのです。

おふたりは新しい人と出会うことを、おそれません。
浅場先生はパッ!と華開くような明るさで
『こわいってなに!?あはは!』
と、笑い飛ばしてくれました。

浅場先生の、パワフルな明るさと優しさ
愛場先生の、願ったことをひとつずつかなえていく気持ちの強さと行動力
最強タッグのおふたりから、楽しい時間とチカラをいただきました。

『浅場先生と愛場先生、かっこいいっスね!』 と、生徒さんからの声。
『カッコイイ・オトナのお手本』 が、生徒さんたちのココロに入りました。

にがみ塾一同、ぜひまたのお越しをお待ちしております。
浅場先生、愛場先生、ありがとうございます!

浅場先生・愛場先生にがみ塾にご来塾1

【この投稿は、2016年3月の授業を記事にしたものです】

【英語 Speaking 練習法】イソップ童話 伝言ゲーム

心に残るイソップ童話

イソップ童話は短く、教訓もあり、心に残ります。
にがみ塾では、これを英語 Speaking 【話す】 授業に使っています。

ヒョウと鳥

icon-female イソップ童話を、インプット(入力)

■生徒さんのレベルに合わせ、インプット方法を選びます。
たとえば…

icon-book
【英検2級ほど】英語でイソップ童話を読む

icon-headphones【英検準2級ほど】英語でイソップ童話を聞く

わかりやすいインプットなら…

icon-book日本語でイソップ童話を読む
icon-headphones日本語でイソップ童話を聞く

■電子書籍で、安く読みやすいイソップ童話の本が、多く出版されています。
(スマートフォンでアプリをダウンロードして読めます)

 

icon-female icon-comment-o  |icon-male ついたて越しの2人目に、アウトプット(出力)

■内容を知らない2人目に、イソップ童話の内容を、口頭で伝えます(英語)。
■2人目は、質問を自由に出来ます(ただし、英語のみ)。
■ついたてで、視覚による助けをなくします。
もし、難易度を下げたい時には、ついたてを外し、視覚の補助もOKにしてください。

スピーキングの授業時のついたて

 

どの技能のトレーニングか意識

何のためのトレーニングかを意識すると、集中力と効果が変わります。
(にがみ塾では、表を指さし、「コレをトレーニング!」と告げます)
にがみ塾 英語4技能表
今回のトレーニングを例にとると…

icon-female 1人目
インプット時 Reading【読む】/ Listening【聞く】
アウトプット時 Speaking【話す】

icon-male 2人目
インプット時 Listening【聞く】
質問時 Speaking【話す】

が、鍛えられます。


「英語を話す際、内容に困る」という方にも、イソップ童話はオススメです。
「なにかおもしろい話をして」という無茶ブリに、英語でスマートに対応するチャンスかも知れません。
「イソップ童話に、こんな話があるんだ」なんて、話を切り出してみるのはいかがでしょうか?

英語スピーキング大会 「ICEE(アイシー)2016」に出場します

『ICEE2016』 11月27日開催

今年の ICEE(アイシー) が、11月27日に『麹町学園』にて開催されます。
ICEE は年に一度開催される英語の大会。
検定試験であると同時に、トーナメント形式で優勝を競い合う大会です。
昨年の ICEE2015 に引き続き、今年も出場します。
ICEEロゴマーク
ICEE は、”Inter-Cultural English Exchange” の頭文字です。
英語による異文化交流の技術を競います。

午前の部で勝ち残った24名のみが、午後の部に進みます。
全国から英語の腕自慢が集まり、今年の ICEE2016 は100名が参加するとのことです。

ICEE 競技内容

【午前の部】(見学不可)
※午前の試験では筆記用具などでの記録は禁止。

◆Introducing Others(他人紹介)
個人種目。英語で歴史上の人物や著名人を紹介するセクション。
英語表現だけでなく、様々な知識、また要点を簡潔にまとめる力が試されます。

◆Extemporaneous Speech (即興スピーチ)
個人種目。1分間で与えられた課題に対し自分の意見や考えをまとめスピーチをするセクション。
流暢さだけではなく、話の運び方やタイムマネージメントが試されます。

◆Critical Response(1問1答)
個人種目。質問の意味を瞬時に判断し、短くわかりやすい英語で答えることができるか
を見るセクション。ユーモア性、発想力、などが問われます。

◆Why-Because(ホワイ・ビコーズ)
個人種目。Whyという質問にBecauseで答えるシンプルながら理解力、また
いかに簡潔で明確な答えが出せるかなどの論理的思考力が試されます。

◆Discussion(ディスカッション)
個人種目。英語で、自分の意見を明確に相手に伝えることができるか、
また相手の意見を受け取って、さらに発展させることができるか、が問われます。

〔中略〕

【午後の部】(見学可能)

〔中略〕

◆Impromptu Debate(即興ディベート)
チーム種目。参加者はチームに振り分けられ、チーム毎に論題が与えられます。20分間の作戦会議の後、チーム対抗によるディベートを行います。評価はチーム毎ではなく、参加者別に行われます。

◆Interpretation(通訳)
個人種目。ゲストスピーカーの話を同時通訳します。日本語から英語、英語から日本語と2回のパフォーマンスがあります。

◆Negotiation(交渉)
チーム種目。参加者は2名1組のチームに振り分けられ、チーム毎に役割が与えられます。20分間の作戦会議の後、各チームはネイティブチームとの交渉を行います。

◆Journalistic Interview(ジャーナリスティックインタビュー)
個人種目。ゲストスピーカーについての資料をもとに3分間の準備時間。
その後、ゲストスピーカーに1対1で10分間のインタビューを行います。


引用元 紘道館 ICEE2016開催概要

 

2015は、ベスト12に選ばれました

全国から集まる出場者との交流も ICEE の醍醐味(だいごみ)のひとつです。
ICEE2015 ではInterpretation(通訳)のセクションまで進み、上位12名に選ばれました。

ICEE2015 ディベート 丹上卓哉
icon-chevron-circle-up ICEE2015 Impromptu Debate (即興ディベート) にて

ICEE2015 通訳 1 丹上卓哉
icon-chevron-circle-up ICEE2015 interpretation (通訳) にて

ICEE2015 通訳 2 丹上卓哉
icon-chevron-circle-up ICEE2015 interpretation (通訳) にて

今年はどうなるか、緊張しながら楽しみつつ、チャレンジしたいと思います。

午後のトーナメントから見学可能です。
にがみ塾の生徒さんも見学に来るかと思います。
先々、にがみ塾の生徒さんとみんなで ICEE に出場したいと考えています。
それでは、今年も1年に1回の英語祭りを楽しんできます!



ICEE2016 の詳細は、紘道館ホームページ「ICEE2016開催概要」 をご覧ください。
以下の、ICEE2015 のプロモーションビデオもあわせてご参照ください。

内藤直美先生 ハビック真由香先生 『ジャズチャンツ勉強会』

『ジャズチャンツ』とは?

『ジャズチャンツ』 という英語学習法をご存じですか?
この学習法に詳しい「MH International Education」代表取締役社長 ハビック真由香先生は、以下の様に説明しています。

今から約40年前、ニューヨーク大学で移民に英語を教えていらっしゃったキャロリン・グラハム先生とおっしゃる方が、英語の話しことばとジャズのリズムがピッタリ同じであることを発見し、『ジャズ・チャンツ』と言う学習方法を編み出されました。
その後、『ジャズ・チャンツ』は、世界中の英語学習者を助ける最良の方法の一つとして広く知られるようになりました。


引用元 

私、丹上はこの学習法を2015年に知り、創始者のキャロリン・グラハム先生が来日なさった際に、授業を受けました。
キャロリン先生が、授業中ずっと笑顔でいることと、とてもエネルギーあふれる授業をしてくださったことをおぼえています。
他の参加者のかたが「キャロリン先生に会いたくて、授業を受けに来ている」と言っていた意味が、実際にキャロリン先生にお会いしてわかりました。

キャロリン・グラハム先生
キャロリン・グラハム先生

『ジャズチャンツ勉強会』 あっという間の2時間

ジャズチャンツ を良く知る 児童英語のエキスパート 内藤直美先生のご自宅にお招きいただき、ハビック真由香先生と私の3人で、『ジャズチャンツ勉強会』をさせていただきました。私の基本的な質問にも、おふたりは的確にわかりやすくお答えをくださり、ジャズチャンツが身近になった気がします。

また、お話は多岐に渡りました。

 icon-male アクティブ・ラーニング(生徒さんが、受け身でなく、自分から学ぶ学習方法) とは何か。
icon-pencil 児童英語教育の世界では、ずっと前からアクティブ・ラーニングが研究されていること。
icon-wrench どの様に児童教育から小学校・中学校・高校・大学と、英語教育を連結させていくか。
などなど

あっという間に、2時間が経ちました。次回の勉強会開催を約束して解散となりました。

ジャンチャンツ勉強会
内藤直美先生 と ハビック真由香先生

自主トレとして楽しむ ジャズチャンツ教材

おふたりにオススメいただいたキャロリン先生の教材を、早速購入。
CD と、テキストをセットにて。

自宅と塾で、ジャズチャンツを早速実践!

自宅に戻り、まだ小さい子どもと早速リズムに合わせて歌ってみます。
“Hello! How are you?”
しばらく一緒に歌ってから様子を見ていると、ひとりで遊びながら
“Hello! How are you?”
と、つぶやいています。

その後、にがみ塾での大学生のクラスにて、覚えずらい例文をジャズチャンツで生徒さんと一緒に、歌って記憶しました。
そもそもジャズチャンツは、大人の移民のかたの英語学習に開発された方法です。
老若男女を問わず楽しく、しかも効率的に学べます。

現在(2016年11月)、キャロリン先生が来日なさっています。
もしご興味ある方は授業に参加なさってみてください。
EPIC特別講座 The VERY Special Workshop with Carolyn Graham Vol.11
~~子どもたちに、「心を伝えるための英語」を与えたい!~~

米原幸大先生 『英語スピーキング授業』

和やかさと、心地よい緊張感

米原幸大先生の授業を、見学させていただきました。
米原先生は、一般社団法人「使える英語普及協会」常任理事 で、特にスピーキング(話す)指導を重点的になさっています。
以前、にがみ塾にお越しくださり、高校3年生のリーディング(読む)授業をご覧いただきました。
今回、米原先生の社会人の方を対象としたクラスに、お招きいただきました。
教室に入ると、和やかな雰囲気の中にも、ピンとした緊張感があります。
テキストは米原先生の著書「完全マスター英文法」を使います。

 

『当意即妙』 スピーディな授業展開

本書からの日本語が生徒さんに配られていて、対応する英文を指名された生徒さんが間髪を入れず英語で言います。
答えられるとホッと安堵(あんど)の表情。
答えられない時には、ちょっとくやしそうな表情。
参加者の皆さんが、楽しみながら進めているがわかります。
また、予習をしっかりとしてきていることが、その空気感から伝わります。
『自分のために、勉強を楽しむ』というオトナの余裕が、ひしひしと感じられます。
お互いがお互いを高め合う雰囲気の中、あっという間に1時間ほどが経過します。
そして、授業は後半戦へ。

 

即興スピーチで腕試し

その後、あるトピックに関し、2~3分でスピーチ。
授業前半のテキストで使った文章も、随時、応用していました。
また、準備してきたスピーチだけでなく、即興スピーチもおこなわれていました。
突然、順番をふられた生徒さんも、「うまくできるかなあ」とおっしゃりながら、準備してきたスピーチと同じく、質の高い即興スピーチを披露します。

 

更に高度な英語力をつけるのに適した環境

英語の地力をつける骨太な内容の授業となっていました。
参加者皆さんの学習意欲が非常に高いのも印象的でした。
高い英語レベルに到達し、さらに技術を磨きたい生徒さんにとって、素晴らしい学習環境であると思います。
ある程度の高い英語力がつくと、その後どの様にその実力を維持し、伸ばせばよいのかということが課題になって来ます。
ひとつの解決策は、同じく高い実力と、強い学習意欲を持つ仲間を見つけて、学習コミュニティを作る、ということがあるかと思います。
米原先生の指導のもと、高度なトレーニングがおこなわれていること、そして、緊張感と楽しさが両立した雰囲気の中でその練習がおこなわれていることを知り、たいへん勉強になりました。

英検1級2次試験や、TOEIC SW(トーイックの「話す」「書く」に特化したテスト) など、検定試験の種類を問わず対応できる英語スピーキング力を身に付けたい方にお勧めです。

 

【米原先生 (向かって左) と、 社会人クラスのみなさん】
米原先生のクラス

【社会人クラスの皆さんと、にがみ塾塾長 (中央) 】
米原先生のクラスと丹上

米原先生の授業の詳細は、「Jアプローチ推進協会」ホームページをご覧ください。
また、米原先生のインタビュー記事 「スピーキングが英語教育を変える!」もあわせてご参照ください。