『グーグルの「最高の上司」がチームの生産性を高めるために実践していること』

グーグルの「最高の上司」がチームの生産性を高めるために実践していること

時と共に、求められるリーダー像が変化してきています。
昭和の時代に礼賛された、ブラック的、または、体育会的な風土を持つ企業への風当たりは、ますます強くなってきています。

また、インターネットにより情報検索が格段に容易になったこと、SNS や YouTube といった、自身の考えを広く伝えられるプラットフォームが浸透したことにより、情報が民主化しました。

それに伴い、自分のライフスタイルや働き方、組織にどう所属するか、または、しないか、という選択肢をより検討しやすくなりました。

Google 社が考える「最高の上司」像には、時代の変遷が垣間見えます。以下、BUSINESS INSIDER の記事です。

グーグルの「最高の上司」がチームの生産性を高めるために実践していること

*****************
池袋から13分 東武東上線 東武練馬駅
『大学合格保証のある英語塾』
にがみ塾
塾長 丹上卓哉(にがみ たくや)
*****************

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です