受動態を使う理由

■ 受動態って、いつ使うの?

海外の語学学校で英文法を習った際、「受動態を使うのはなるべく避けなさい」と習いました。

と、いうのも、そもそも英語には KISS (Keep It Short and Simple「表現する際、なるべく短く簡潔にする」)というルールがあるためです。

受動態は「O(目的語)を文頭に出す」に出す、という作業です。
例えば…

***************

◇ Tom broke the window.「トムはその窓を割った」

The window was broken by Tom.「その窓はトムによって割られた」

***************

Oを文頭に出すことによって、どうしても、文が長くなってしまいます。
前述、KISS のルールに反します。
それでも受動態にする理由は、S(主語)を隠すためです。

◇ Tom broke the window.「トムはその窓を割った」
と言うと、めっちゃトムを非難しているように聞こえなくもないです。

なので、聞き手の視点を、「トム」ではなく「窓」に移すために、the window をグイッと前に持っていきます。

The window was broken by Tom.「その窓はトムによって割られた」

これが受動態です。むしろ、トムを隠してあげるのが受動態の目的なので、最後の by Tom さえ要らないです。
なんとなく必ず by ~って付けるイメージがあるかも知れませんが、付けなくて大丈夫です。


さて、受動態を使う理由が他にもあるかなと思い、いつもお世話になっているイギリス人の先生と、その点について話しました。

すると、とても分かりやすいサイトを教えていただきました。

Perfect English Grammar “The Passive Voice”

このサイトによれば、passive voice(受動態)を使う理由は 6パターンあるそうです。

1.『焦点を変えるため』 (先ほどの[トムと窓]のように)

2.『誰がそれをやったかわからない、または、分かりきっている』 (例えば「車が盗まれた(犯人不明)」「彼は逮捕された(逮捕したのは警察←明白)」)

3.『事実や科学的な記述』 (大事なのは行為者ではなくその事実だから)

4.『フォーマルな文章で行為者を明示するのを避けるため』

5.『文章の最後でさらに情報を付け加える際』 (例えば「その本は○○氏によって書かれた」)

6.『主語が長いため』


ご興味ある際、ぜひ上記サイトをご覧ください。
本日もありがとうございます。
どうぞ良い一日をお過ごしください。

にがみ塾 丹上卓哉