【英単語:英検®準1級・難関大学】hype up

hype up

今回の動画は “hype up” をご紹介します。
この hype は hyper「上」という言葉から来ており、
———————–
◇「大げさに言う」
◆「気持ちが高まる」
———————–
という意味になります。

***************
例えば、◆「気持ちが高まる」のケースでは、

パーティなどに行き…
“I got hyped up!”
「テンション上がった!楽しかった!」
と言えます。

***************
◇「大げさに言う」のケースで、実際の使われ方を、イギリス人のかたに聞いてみました。

例えば、辛い食べ物などを食べて、
“My mouth is on fire!”
「口に火が付いた!」という時、

“You’re hyping up!”
「言い過ぎ!」
とも言えますが、

より日常的には以下の様な言い方をします。
☆ “You’re exaggerating.”
☆ “That’s a bit over the top!”

 

***************

池袋から12分 東武東上線 東武練馬駅 徒歩1分
『大学合格保証』のある英語塾
英検®準1級・2級・大学受験対策

にがみ塾 丹上卓哉

 

【かっこいい英熟語】It’s a stretch.

It’s a stretch.

日常生活の中で、こんな言い方をする時があるかと思います。
「ものすごく無理すればできるかも」
「ちょっと無理っぽいけど」
可能性はあるけど、かなり頑張らないと難しい状況です。

そういう時には、以下の言い方を使ってみましょう。
◇ It’s a stretch.

まさに stretch 名詞「伸ばすこと」なので、「無理して、グーッと引っ張ればなんとかなるかも」という感覚です。

***************

池袋から12分 東武東上線 東武練馬駅 徒歩1分
『大学合格保証』のある英語塾
英検®準1級・2級・大学受験対策

にがみ塾 丹上卓哉

動画公開しました。【英検準1級面接 熟語】cut it fine

cut it fine

cut it fine は「時間ぎりぎりでやる」という意味です。
fine には「細かく」という意味があります。
何かを大まかではなく、余白なくぎりぎりのラインで切り取るというイメージです。

例:I will take an examination next month, but I don’t want to cut it fine. I need to get more prepared for it.
(私は来月、試験を受けるのだけど、時間ぎりぎりで余裕のない準備をしたくないんです。もっと準備しなくちゃ)

にがみ塾 丹上卓哉

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観てきました

ひさびさの映画館

春期講習が終わりまして、自分にご褒美で映画を観てきました。

実は数日前から、何を観ようかなと考えていたのですが、

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開していると聞きまして、「それだ!」と膝を打った次第です。

 


『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、ウィキペディアでは以下の様に説明されています。

本作は2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、2009年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、2012年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く第4作目にあたるが、さまざまな事象によって公開時期が当初の予定から延期されており、公開までに前作から8年以上を要することとなった
(中略)
また、25年間続いたエヴァンゲリオンシリーズの完結作でもある。


引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』シン・エヴァンゲリオン劇場版
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88

どうやら、今回が4部作の完結編とのことです。
と、なりますと、前3部の予習
が必要です。

さもなくば、「おじさんが映画館で訳も分からず、ぼんやりとたたずむ」という、非常に何とも言えない状況になる可能性大です。

 


数年前に『序(第1部)』と『破(第2部)』のみ、観たことがあったのですが、もはや記憶がおぼろげです。

オンライン動画サービスを探しました所、Amazonプライムで、前3部が全て観られる(2021年4月現在)と気付きました。

なんてこった、これはいそがしくなってきた。

 


そういう訳で、きっちり予習後、劇場に足を運んだ次第です。
結果から言いますと、劇場で観て良かったです。

「よくこの映像を作りましたね…」というシーンの連続で、キャラクターの精神世界に踏み込むストーリー展開に、劇場を出た後に、良い意味で、しばらくしみじみしました。

最後に響く宇多田ヒカルのテーマ・ソングが、今作でも、グッと来ます。

 


Amazonプライムでご覧になって、もし良ければ、ぜひ劇場で完結編をご覧ください。

お読みいただき、ありがとうございます。
本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

in the top と THE top

冠詞 a / the 意味の違い

冠詞 a / the は重要です。

***************

◇ a ― 聞き手が知らない情報

◆ the ― 聞き手が知っている情報

***************

に対して使います。
その為、冠詞 a / the のどちらを使っているか意識することで、より素早く正確に情報を取りやすくなります。

例えば…

◇ “a person” 「聞き手が知らない人」

◆ “the person”「聞き手が知っている人」

となります。

 


さて、その他に、the はある集団の中の、特定部分にも使います。

例えば、ドラマ「ドクター・ハウス」の中に、こんなシーンがありました。

***************

キャメロン医師:
“I was in the top of the class.”
(学生時代にトップ集団にいたんですけど)

ハウス医師:
“But not THE top.”
(1位じゃなかったんでしょう?)

***************

キャメロン医師は、「トップ集団」ですので、the top と言っていますが、「集団の中」ですので 前置詞 in を使っています。

それに対し、ハウス医師は、You are not THE top.(まさに先頭を走るTHEトップ【1位】ではなかったんでしょう?)と揶揄します。

このようにある集団の中の特定部分に関しては、誰しもが想像が付くので、the 使います。

面白いのは、そこに前置詞が一つ入るだけで、さらに意味が豊かなやり取りになるということです。

 


「ドクター・ハウス」、医療のいろいろな背景知識も勉強になり、魅力あるドラマです。

もし機会ある際は、ぜひご覧ください。

 


お読みいただきありがとうございます。

本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

BBC Learning English

英検準1級のリスニング対策としておすすめ

『英検のリスニング対策をおこないたいが何をしてよいかわからない』という声を聞くことがあります。

まずは、聞いていて楽しい・疲れないものを選択してください。

「今日は○○分聴くぞ!」と気合を入れなければいけないものは、結局続かなくなります。

リスニング対策を長期的に見れば、
面白い題材をいくつも身近に揃え、とっかえひっかえ聴くのが良いかと思います。

例えば、Netflix は1ヶ月1,500円ほどで利用でき、英語字幕を選択できるコンテンツが多くありますので、教材として考えれば、コスパがかなり良いと思います。

 


また、YouTube もおすすめです。

ある英文法について知りたい際、

その英文法の名前を英語にして、YouTubeで検索してみてください。
(検索例:「不定詞」→”infinitive”)

世界中の講師が、いろいろな方法で、解説してくれています。その解説を聞くことで、英文法学習と、リスニングを同時におこなえます。

 


また、

BBC Learning English も強くおすすめします。

英国の国営放送 BBC が運営しており、PC・スマホ・ポッドキャストといった、複数のメディアで利用可能です。ご自身のライフスタイルの合ったメディアを選択していただくと良いかと思います。

(私はもっぱらポッドキャストで、家事や、塾の掃除などをしながら聴いています)

なお、BBC Learning English は、YouTube にもいろいろな動画をアップしています。英語を使う時に知っておくと役立つポイントを教えてくれます。


例えば、以下は、時制を変えることで、丁寧に聞こえる様にする方法(過去形と進行形の合わせ技!)です。

 


さて、この BBC Learning English は、英語を外国語として学ぶ人のために作られています。

無料で利用できますが、「これを無料で利用していいんですか!?」というほど、内容が充実しています。

英語の本場、英国が持つ「英語を世界の人に知ってもらいたい」という気概が、番組から感じられます。

生徒さん・講師向け、また、さまざまなレベルの題材が準備されています。
それらを順次、ブログでご案内したいと考えています。

今回は、“News Review” をご紹介します。

最新のニュースを題材に、ニュースの概略と、3つほどの語彙をピックアップし、解説してくれます。

「へー!そういう単語があるんだ!」という語彙ばかりで、特にスピーキングで使ってみたくなります

以下、引用します。
引用元:BBC Learning English News Review Session 184 Harry and Meghan’s interview
https://www.bbc.co.uk/learningenglish/english/course/newsreview/unit-17/session-186

Key words and phrases

bombshell
describes a shocking event or piece of news

  • It was a bombshell moment when Kazuo told his boss he was quitting just one week before the project finished.
  • Jitka dropped a bombshell when she told her parents she was leaving the country forever.

lays bare
reveals something previously not known

  • He was devastated when she laid bare that her true feelings were for someone else.
  • Scientific data about coronavirus laid bare the need for national lockdowns.

salvo
sudden multiple releases

  • The opposition leader fired a salvo of criticisms at the prime minister.
  • The opening salvo of her speech really caught the audience’s attention. 

 

いかがでしょうか?英検準1級を受ける方に「へー!」と思える語彙なのではないでしょうか。

また、わかりやすくホストのかたが説明してくれて、動画や資料で分かりやすい構成になっています。
ぜひ一度、見てみてください。

本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

海外生活をする生徒さんに伝えようと思ったこと

ひとくくりには語れない

先日、ニュージーランド人のかたと話をしていた折、話題が「街中でのアイ・コンタクト」になりました。

これは、私がニュージーランドに住んでいた頃、驚いたことのひとつでした。

私はまず、ニュージーランドの首都ウエリントンで生活を始めました、

街の人は、明らかに現地の者ではない雰囲気を醸し出す私に、目が合うと、目で「どうも」と合図をしてくれたり、“Hello.”と声をかけてくれたりしてくれることがありました。

この laid-back(くつろいだ)な雰囲気に私は驚き、とても心地よく思っておりました。

これが、今も、ニュージーランドを再訪したいと願う理由のひとつでもあります。

 


さて、この話を先ほどのニュージーランド人のかたにすると

『確かに、ニュージーランド人にその傾向はあり、
電車・バスなどの公共の交通機関でも、見知らぬ人に話しかけたり、「人に笑顔で接しなさい」ということを習う

とのことでした。

 


ただ反面、

“It depends on people. Everyone is different.

There is not a one-size-fits-for-all scenario.

There are unfriendly people who don’t want to make eye contact maybe because they are shy or maybe they just don’t want to get into a conversation.

(それも人次第で、みんながみんな、そういうわけとはいかない。

必ず当てはまるという話ではないと思う。

アイ・コンタクトをしないフレンドリーではない人もたくさんいて、おそらくそれは、その人が性格がシャイだからとか、会話をしたくないという理由からなのかもしれない

とのことでした。

※ one-size-fits-for-all【形】「何にでも当てはまる」「ワンパターンの」

 


確かに、例えば、ある固定観念で日本人全員を判断するのは難しいことです。

あまりステレオ・タイプに走るのは、判断を誤ることになると思います。

あせらず徐々に話す人の数と、経験値を増やし、その中で、ゆっくりと自分自身の判断をすることが、楽しく実りある、また安全な海外生活を送るのに重要かもしれません。

このことを、海外留学をする生徒さんに伝えてみたいと思った次第です。

お読みいただきありがとうございます。

本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

チキン・ソルト

好みの味付け は 人それぞれ

先日、ロンドンご出身の先生と
「fish and chips フィッシュ・アンド・チップス」
の話をしておりました。

白身魚 を油で揚げて、横に チップス(米語だと fries フライドポテトのこと)が添えられている、めっちゃ美味しい料理です。

 


ニュージーランドに滞在していた時、魚の種類によって、値段と味が異なりました。

また、オーストラリア で フィッシュ・アンド・チップス を注文した際、

“Chicken salt?”

と店員さんに聞かれ、とりあえず

“YES!”

と言っておきました。

すると、何やら不思議な粉(チキン・ソルト です)を振りかけるではありませんか。
なんということでしょう。
フィッシュを食べながら、チキンの風味も同時に楽しめます!

 


…ということを話していましたら、

「いや、フィッシュ・アンド・チップスには、salt and vinegar (塩と酢)でしょう!」

とおっしゃっていました。

なるほど。酢で食べるのは、確かに美味しいかも知れません
やはり、地元の味のこだわりは、皆さんそれぞれで面白いです。

 


ちなみに、オーストラリアから帰国後、ちょいちょい、あのチキン・ソルトを探していましたが、いまだ見つからずでした。

しかし、つい先日、ニュージーランド人でオーストラリアにも住んだ経験のあるかたから「チキン・コンソメと、塩を混ぜると、代用できるよ」という非常に有益な情報を得ました。

早速、Amazonで購入。(小さいサイズがなく、業務用)

うん…。確かこういう味だった気がする…!(20年以上前だから、おぼろげ)

もし機会ある際にはチキン・ソルトをぜひ。

 

本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

ニュージーランド英語 と オーストラリア英語

【I】の音が違う

先日、ニュージーランド英語 オーストラリア英語の違いを、ニュージーランド人の先生にお聞きした所、「以下の動画が分かりやすいよ」と教えていただきました。
(動画中、この違いの解説は 1分10秒間 ほど)

発音コーチ Erik Singer さんが解説しています。

パーティなどで話している相手が、ニュージーランド人オーストラリア人かを知りたければ、

“Fish and Chips” 

という言葉を発音してもらえば、わかるとのこと。
【I】の音が違うみたいです。


◇ オーストラリア人:アメリカ人と【I】の音が似ている。
この音を出すときに、舌の中央部分が少し盛り上がり、アーチ状になる。

◆ ニュージーランド人:【I】の音を出すときに、舌がリラックスした状態になる。が【ə】(シュワー:口を半開きにしてリラックス出す音。あいまい母音とも呼ばれる)に近くなる。


確かに、違います。発音は本当に面白いですね。
それではまた次回よろしくお願いします。

本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉