海外生活をする生徒さんに伝えようと思ったこと

ひとくくりには語れない

先日、ニュージーランド人のかたと話をしていた折、話題が「街中でのアイ・コンタクト」になりました。

これは、私がニュージーランドに住んでいた頃、驚いたことのひとつでした。

私はまず、ニュージーランドの首都ウエリントンで生活を始めました、

街の人は、明らかに現地の者ではない雰囲気を醸し出す私に、目が合うと、目で「どうも」と合図をしてくれたり、“Hello.”と声をかけてくれたりしてくれることがありました。

この laid-back(くつろいだ)な雰囲気に私は驚き、とても心地よく思っておりました。

これが、今も、ニュージーランドを再訪したいと願う理由のひとつでもあります。

 


さて、この話を先ほどのニュージーランド人のかたにすると

『確かに、ニュージーランド人にその傾向はあり、
電車・バスなどの公共の交通機関でも、見知らぬ人に話しかけたり、「人に笑顔で接しなさい」ということを習う

とのことでした。

 


ただ反面、

“It depends on people. Everyone is different.

There is not a one-size-fits-for-all scenario.

There are unfriendly people who don’t want to make eye contact maybe because they are shy or maybe they just don’t want to get into a conversation.

(それも人次第で、みんながみんな、そういうわけとはいかない。

必ず当てはまるという話ではないと思う。

アイ・コンタクトをしないフレンドリーではない人もたくさんいて、おそらくそれは、その人が性格がシャイだからとか、会話をしたくないという理由からなのかもしれない

とのことでした。

※ one-size-fits-for-all【形】「何にでも当てはまる」「ワンパターンの」

 


確かに、例えば、ある固定観念で日本人全員を判断するのは難しいことです。

あまりステレオ・タイプに走るのは、判断を誤ることになると思います。

あせらず徐々に話す人の数と、経験値を増やし、その中で、ゆっくりと自分自身の判断をすることが、楽しく実りある、また安全な海外生活を送るのに重要かもしれません。

このことを、海外留学をする生徒さんに伝えてみたいと思った次第です。

お読みいただきありがとうございます。

本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です