【日記】ブラック・フライデイ

お世話になっております。
にがみ塾の丹上です。

昨日の金曜日に、「ブラック・フライデイ」が始まりました。
毎年11月の第4木曜日にサンクス・ギビング・デイの翌日の金曜日を、
「ブラック・フライデイ」と呼び、小売店でセールが始まります。

ご近所のイオンでも、安売りがおこなわれています。
ウィキペディアによれば、2016年から本格的にイオンでも
ブラック・フライデイ が始まったそうです。

なお、語源は諸説あるそうです。
先日、アメリカ人のかたに、語源を尋ねましたら、
「あれ?私も知らないから、ちょっと待って」と調べてくれました。
そのかたが調べてくれた所によれば、
『セールで黒山の人だかりが出来るから』
とのことでした。

だんだんと、ブラック・フライデイ が
私の中で、季節がクリスマスへと向かうのを知らせる
風物詩になりつつあります。

本日もお読みいただき、ありがとうございます。
明日が皆さまにとりまして、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

【日記】GOOD HAIR DAY

お世話になっております。
にがみ塾の丹上です。

今日の授業にて、心理学に興味をお持ちの生徒さんと、お話をしておりました。
「気持ちの変化と、脳の関係」ということを、聞かせていただきました。
その中で、「身なりがうまく整って、今日は外出したい!」
と思う日があるよね、という話題になりました。

ふと、英語で “good hair day” という言いかたがあることに思い至りました。
『髪型がかっこよく決まる日』『いろんなことがうまくいく日』という意味です。

ちょっとしたことで、晴れやかな心持ちになることがあります。
以前、小説家・中島らも さんが、『その日の天使』というお話を、
インタビューでなさっているのを思い出しました。
ひとりの人に、一日必ず『その日の天使』がいて、
気持ちを救ってくれるのだ、というお話でした。

確かに、一日の中には、きっと必ず何かしら良いことがあって、
それに気付こうとすることで、明るい気持ちになれるのかも知れません。

実を言うと、一時期 “How are you?” と聞かれるのが、
あまり得意ではない頃がありました。
「果たして、私の今日の調子はどうなのだろう?」
と考えすぎてしまうのです。

でも、きっと一日の中で、いろんな良いことがあるはずなので、
『”How are you?” は、それに気づかせてくれる きっかけなのかも』
と考えたら、とても良い言葉だなぁ、と思える様になりました。

生徒さんとお話をしながら、
そういったことを、何とはなしに、考えていた次第です。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。
明日が皆さまにとりまして、GOOD HAIR DAY でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉