【動画公開】[英文法マップ #13]第9章 関係副詞

下記リンクからご覧ください。
【英文法マップ #13】第9章 関係副詞

『英文法マップ』は全8章で構成されています。
英検® 準1~2級 合格に必要な、基礎的な英文法の解説を行います。

英文法マップの由来は「地図」から来ています。
皆さまを英文法の山にご案内します。その中で1枚ずつ、計およそ13枚ほどの地図をお伝えします。

全8章を学んで、山登りが完成したあかつきには、ご自身がその地図をもとにして、色々な英語を文法的に判断できる様になります。

英文法マップは、全8章で一旦完結しますので、第9章以降は、お好きな順番で学習を進めてみてください。

***************
第9章は「関係副詞」というお話です。
なんとなく難しそうなイメージがあるかと思うのですが、これまで学んだ
■第2章「形容詞と副詞のちがい」
■第3章「前置詞句」
■第8章「関係代名詞」
を事前に知っておくと、簡単になります。

逆に、上記を知らずに「関係副詞」を理解するのは、とても難しいかと思います。まだ、学習がお済みでない方は、ぜひ、以下のURLから各章の内容を確認してみてください。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■第2章「形容詞と副詞のちがい」
https://youtu.be/2Vl-9pGOdVo

■第3章「前置詞句」
https://youtu.be/cJV-gYpM7QE

■第8章「関係代名詞」
https://youtu.be/is_24NdfqBo

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

***************
関係副詞は、「前置詞+関係代名詞」と言い換えられます。
もともと、前置詞句の副詞的用法が、まわりまわって1語の副詞になり、前の文と、後の文を、くっつけます(関係させます)。
そのため、「関係副詞」と呼ばれます。

***************
関係副詞には以下の4パターンがあります。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
先行詞が「時」の際 ― when
先行詞が「場所」の際 ― where
先行詞が「理由」の際 ― why
先行詞が「方法」の際 ― how
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

※今回の動画では、「関係副詞」の概略を説明するため、where のみを使っていますが、how の時には少し注意が必要です。
✖ the way how SV
という使い方はせずに、必ず、
〇 the way SV
〇 how SV
といった様に、the way または how のどちらかを省略して使ってください。

※また、関係代名詞と関係副詞の違いの一つに、「関係副詞は、先行詞を省略できる」ということが挙げられます。

ただし、細かなルールは一旦置いておき、まずは関係副詞の本質的な部分「前置詞句から出来上がっている」ということをおさえる様にしてみてください。

***************
もともとは前置詞句であったという、その構造上、「関係副詞」後には完全文(5文型の内のどれかのこと)が来ます。

第7章「接続詞」( https://youtu.be/dOf5x4E_Lww )での解説で出てきますが、接続詞の後には完全文が来ます。

また、第8章「関係代名詞」でもご説明しました通り、関係代名詞の後には、不完全文(何かが欠落していて、5文型に分類できないもの)が付いてきます。

そして、今回の関係副詞では、後に完全文が付いてきます。

上記の特徴を意識しながら、読む・書く・聞く・話す、をおこなってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です