【動画公開】英検®準1級に出る英文法”How long have you been waiting for a bus?”

下記リンクからご覧ください。
英検®準1級に出る英文法”How long have you been waiting for a bus?”

英検®準1級に出る英文法を解説します。
今日は現在完了のお話です。

まず、以下の2文を見てみてください。
どちらが正しい文章でしょうか?
「どのぐらいバスを待っているのですか?」
***************
◆ How long are you waiting for a bus?
◇ How long have you been waiting for a bus?
***************
正解は…

◇ How long have you been waiting for a bus?
です。
何人かネイティヴ・スピーカーに確認しましたが、皆さん一様に、上記の◇の文章が合っていると、おっしゃっていました。

その理由は、現在完了を使っているからです。
現在完了 という英文法用語は、そもそも present perfect から来ています。「完了」とは、簡単に言えば、「過去」なのだと考えてみてください。
つまり、現在完了 とは、「現在」と「過去」の、橋渡しをするもの、ということなのです。

上記では、過去のある時点から、現在まで、どれぐらい待っているの?(過去から現在まで、どれぐらいの長さの橋がかかっているの?)ということなのです。

現在形をつかった文章では、その橋をかけられない。
つまり、how long の文章には合わない、ということのなのです。

———————–
ただし、「今この瞬間、バスを待っているの?」ということなら、
☆ Are you waiting for a bus?
と使って、大丈夫です。
この場合、過去からの橋渡しが必要ないからです。

———————–
上記の説明は、あるアメリカ人のかたにお聞きしたのですが、その方は、更に以下の様に、続けました。

橋渡しということで言うなら、現在から未来へ、going を使ってできるよ、とのことでした。
「これからどのぐらい、バスを待つの?」
◎ How long are you going to wait for a bus?

この場合は、いわゆる未来形となりますが、「going を使うと、未来への橋渡しになる」という、そのアメリカ人のかたの解説方法に、新鮮な驚きを感じた次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です