【動画公開】英検®準1級に出る文法 “must と have to の違い”

下記リンクからご覧ください。
英検®準1級に出る文法 “must と have to の違い”

英検準1級合格に向けて、準備をしていく際に、ふと疑問に思うことを解説します。
今回の動画では、”must” と “have to” の使い分け方について、オンライン英語スクール “eigobug” の レイディ先生に聞いてみました。

***************
【違い その1:自分で思うか、誰かから言われて思うか】
1人称で使う時、「~しなければいけない」ということを…
◇ must:自分の考えでそう思う
◆ have to:誰かから言われてそう思う

***************
【違い その2:過去形で使えるかどうか】

◇ must:「~しなければいけなかった」という意味で使う際、過去形が使えない
(そもそも、その意味では過去形がないので)
◆have to:過去形が使える(had to の形で使える)

***************
【違い その3:否定形の時の意味】
◇ must not :「~してはいけない」。禁止。かなり強い意味です。
◆ don’t have to:「~しなくてもいいよ」。must not ほどの強さはありません。

***************
◇◇ レイディ先生の英語オンラインスクール “eigobug” ご紹介 ◇◇
“eigobug” では、英検1級・準1級合格を目指す生徒さんに向けたスピーキング授業をおこなっています。
特に、英検1級の面接では、語彙・文法知識だけでなく、ディベートの思考方法が試されます。
論理的で効果的なスピーチにするために、マンツーマンで話し合い、レイディ先生があなたにあったトレーニングをご提案します。

また、発音の改善をしたいとお思いではありませんか?
様々な方法で、あなたの英語の発音を、より良いものにするお手伝いをします。
発音記号がわからない方にも、発音記号の意味を一つずつわかりやすくご説明します。
これまでCD付きの本で学習しても、発音の改善がうまくいかなかった方も、ぜひ無料のトライサルレッスンを受けて、お試しください!

☆☆☆ レイディ先生 トライアル・レッスンお申し込み ☆☆☆
以下のページから、30分間の無料トライアル・レッスンをお申込みいただけます。
「お名前」「メールアドレス」「トライアル・レッスンご希望日」を送信していただくと、レイディが、折り返しご連絡いたします。
ぜひお気軽にお試しください!
https://eigobug.com/trial-lesson/

☆☆☆ eigobug Webサイト ☆☆☆
レイディのオンライン英語スクール eigobug のWebサイトはこちらです!
https://eigobug.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です