【日記】日本語に英語の発音が引きずられてしまうのを治したい

☆ 二重母音が今日はあまりうまくいかず…

本日も、イギリス人の先生と発音矯正。

old / home / pony の様な、OU の発音があまりうまくキメられない日でした。
Tokyo の発音は、日本語で「とーきょー」に近いのですが、英語では /toukiou/ という発音になる。

特に OU の様な二重母音は、直前まで日本語で話していると、無意識に手を抜いた発音(例:「とうきょう」ではなく「とーきょー」)になってしまっている。

逆に言えば、だんだん自分の癖が見えてきており、そこをつぶす楽しさがある(←英語学習マニアか…!)


また、日本語が英文に混ざる文章(英字新聞など)を音読すると、日本語の発音に引きずられて、全体として雑な発音になってしまっているというご指摘を、先生からいただきました。

日本語と英語が混ざった環境で話をしていると、なんとなく疲れる理由は、脳の中の発音の回路がどっちつかずになってしまうことなのかも知れない。

にがみ塾 丹上卓哉

【日記】イギリス英語の発音練習

■ イギリス英語のR

本日も日課の発音矯正を、イギリス人の先生にしていただきました。
アメリカ英語の様な 強いRを、イギリス英語では発音しないことが多いのですが、いまひとつ her / word / world の音が、しっくり来ません。

これらの語は、Rを発音しません。
カッコよくキメたく、
先生とどうしたものかと相談していましたら、以下の動画を勧めていただきました。

すっきり、コツがつかめました。
先生に確認していただいた所、「そう。その音!」とのことでした。
もし イギリス英語のRにお悩みの方は、ぜひご覧ください。

■ How to Pronounce /ɜː/

どうぞ良い一日をお過ごしください。
 
にがみ塾 丹上卓哉