格安航空会社

LCC (Low Cost Carrier)

Bristol Brabazon ブリストル ブラバゾン

英国・ブリストル社が開発した「ブラバゾン」という大型航空機がありました。

全長約54メートル、翼幅約70メートルの大型サイズ。

富裕層を顧客ターゲットとした「空飛ぶ豪華客船」というコンセプトでした。

1949年に試作機が初飛行しましたが、発注がなく、開発計画は1953年に打ち切られました。

すでに時代は「安価に多くの顧客を乗せる航空機」を求め始めていたのでした。

LCC の始まり

その後、庶民にも飛行機に乗ることが夢ではない時代がやってきます。

そして時が経ち、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、LCC(格安航空会社)の起業が始まり、航空券の価格競争が激化します。

また、2001年9月に発生したアメリカ同時多発テロや、それに続くイラク戦争以降の原油価格の高騰などにより大手航空会社の経営状況は悪化しました。

既存の大手航空会社は、格安航空会社のビジネスモデルを取り入れ始め、業界の勢力図が大きく変化していきました。

LCC の経営戦略

格安航空会社は「インターネット経由の直販」を武器としたビジネスモデルを展開し、また、大手航空会社もそれを取り入れていきました。

それにより、旅行代理店経由での格安航空券の販売数が減少を続けました。

コスト削減を徹底することで低価格の運賃を実現しています。例えば、以下の様なコストカット策を講じています。

  • 人件費の削減
  • 機内サービスの簡略化
  • 直接予約で、航空券販売コスト低減
  • インターネットと、自動チェックイン機で、セルフチェックインの推進

 

LCC の Peach Aviationは2015年に新しい自動チェックイン機の導入を関西国際空港で始めました。

チェックイン機を段ボール製にし、コストカットをしています。

『また、従来機では木だった素材を段ボールとスポンジにすることで、素材にかかるコストダウンを図った。「本当はスポンジだけでできた自動チェックイン機を作りたかったんですが、それに足るスポンジとなるとコストが高くなってしまうため、段ボールを併用した現在のスタイルになりました」と前野氏は話す。』


引用元:LCC・ピーチの新チェックイン機は段ボール!? 遊び心だけじゃない開発の裏側
マイナビニュース

 

また、従来機のチェックイン速度を速めることと共に、チェックイン機の高さを190cmにしています。

視認性を良くし、空港に入ってからチェックイン完了までの全工程をさらに短くすることを目指しているとのこと。

顧客ニーズにあわせ、航空業界のさらなる最適化が進んでいます。


参考:機内挨拶を大阪弁にしたら「おもろいんちゃう」
「それいい!」、Peachのアイデア出し3つの秘訣|東洋経済オンライン


****************
東武東上線 池袋から13分 東武練馬
『大学合格保証のある英語塾』
にがみ塾 
塾長 丹上卓哉
****************

サブスクリプション

SUBSCRIPTION

モノを買わずに、月額料金を払い、〇〇し放題というビジネスモデル(サブスクリプション。略称:サブスク)が増えています。

映画好きの私は、小学生の頃、レンタルビデオ店で何を借りるかワクワクしていた思い出があります。それ以降も、英語の勉強にレンタル店は不可欠でした。

ここ数年は、Netflixネットフリックス。略称:ネフリ)を代表とした動画配信サービスをもっぱら使っています。
月額料金で、映画見放題。レンタル店に行くことも、映画DVDを買うことも、めっきりなくなりました。

 

サブスクコンテストもある

「日本サブスクビジネス大賞」では、「トイサブ!」という、おもちゃのサブスクが受賞とのこと。

小さいお子さんのいるご家庭は、おもちゃのサブスクで、部屋が広く使えますし、定期的に新しいおもちゃを使える上、捨てないので環境にも良いかも知れません。

 

こんなビジネスモデル

サブスクの他に、ちょっと自分の出来ることや、すきま時間をシェアするビジネスモデルを近年見かけます。

例えば……
Airbnb(エアビーアンドビー。民泊で部屋を貸したい人のサイト)
Uber Eats(ウーバーイーツ)の「配達パートナーシステム」(一般の人が空いた時間を使って配達。仕事の昼休みにスーツのまま配達し、ちょこっと稼ぐ、という人もいるとのこと)

「これだけが専門」というタテ割りの働き方ではなく、垣根を越え、あれや、それをつなげる「情報編集力」を象徴するビジネスモデルがますます増えてきています。

****************
東武東上線 池袋から13分 東武練馬
『大学合格保証のある英語塾』
にがみ塾 
塾長 丹上卓哉
****************

アレックス・バナヤン氏『サードドア』

The Third Door

Forbes Japan の記事に、『サードドア』という話が書かれていました。

■ ファーストドア:99%の人が並ぶ正面ドア
■ セカンドドア:選ばれた者のみが通れるドア
■ サードドア:それぞれが自分たちの手で見つけるドア

 

どうやって、サードドアを見つけるの?

米国の著名人(ビル・ゲイツ、レディー・ガガ、スティーヴン・スピルバーグなど)の、インタビューを掲載した『サードドア:精神的資産のふやし方​』の著者、アレックス・バナヤン氏は言います。

 

『世のビジネス書や啓発本には、もっと努力をする、もっとコネクションを作る、もっと成功にこだわる、と「もっともっと」と啓蒙するものも多い。しかし、僕たちの共通点として、その「もっと」という努力の前に、自分と向き合い、本当に必要なもの以外を削ぎ落とす過程があるのではないかと思っています。』

引用元:余計なものは削ぎ落とす。こんまりと「サードドア」著者の共通点| Forbs Japan

 

英語学習の最適化:自分に合わない学習法を捨てる

上記の記事を読みながら、英語学習のことを考えていました。
英語学習をする際、気が付けば「がんばること」が目的になり、「その勉強方法が本当に自分の英語力につながるか」という検証をしていないことがあります。

目的はあくまで英語を使えるようにすることであり、自分に合わない学習方法や「謎ルール」を積極的に断捨離し、ご自身に合った学習の最適化をおこなうことが、英語学習の「サードドア」発見法なのかもしれません。

****************
東武東上線 池袋から13分 東武練馬
『大学合格保証のある英語塾』
にがみ塾 
塾長 丹上卓哉
****************

『グーグルの「最高の上司」がチームの生産性を高めるために実践していること』

グーグルの「最高の上司」がチームの生産性を高めるために実践していること

時と共に、求められるリーダー像が変化してきています。
昭和の時代に礼賛された、ブラック的、または、体育会的な風土を持つ企業への風当たりは、ますます強くなってきています。

また、インターネットにより情報検索が格段に容易になったこと、SNS や YouTube といった、自身の考えを広く伝えられるプラットフォームが浸透したことにより、情報が民主化しました。

それに伴い、自分のライフスタイルや働き方、組織にどう所属するか、または、しないか、という選択肢をより検討しやすくなりました。

Google 社が考える「最高の上司」像には、時代の変遷が垣間見えます。以下、BUSINESS INSIDER の記事です。

グーグルの「最高の上司」がチームの生産性を高めるために実践していること

*****************
池袋から13分 東武東上線 東武練馬駅
『大学合格保証のある英語塾』
にがみ塾
塾長 丹上卓哉(にがみ たくや)
*****************