【特別授業】篠田朋宏さん「お金って何?」

現役銀行マンと考えよう
「お金って何?」

にがみ塾の卒業生で、東京大学大学院卒業・現役銀行マンの篠田朋宏さんを、講師にお招きしました。今回のテーマは「お金って何?」。

 

毎日使っていますが、何かと問われると難しい。
高校生のうちに考えておくことで、納得のいく進路決定が出来るかもしれません。
進路に悩む高校生・就職について考える大学生が参加しました。

 

今回の授業では、以下の様なお話をしました。
 ◇ お金の機能
 ◇ ワークライフバランス
 ◇ 景気とはなにか
 ◇ 初任給
 ◇ 生涯賃金
 
◇ 自分の人生で何に価値を置くか

進路について考える際に、これまでと違う視点が加われば幸いです。


にがみ塾 丹上卓哉

【特別授業】2017 ICEE 優勝者 吉澤眞理先生 ご来塾 ~高校生へメッセージ~

吉澤眞理先生 にがみ塾をご訪問

2017 ICEE 優勝者 吉澤 眞理先生が、にがみ塾にお越しになりました。

にがみ塾の英文法授業をご覧いただきました後、ビジネストレーナーのご経験や、会社経営をなさっている視点から、いろいろなヒントを高校生にくださいました。

メッセージ:眞理先生から 高校生へ

■ 新入社員は何を求められている?
毎朝、機嫌良く「おはようございます!!」と言えること。
(機嫌良く、がすごく大事。自分を機嫌良くする方法も知っておくこと)

 

■ 新入社員がまず鍛えるべき力は?
『他喜力(たきりょく)』
周りのかたが、どれだけ気持ち良く仕事が出来る環境を作れるか。

 

■ 楽しく生きるには、意識の持ちよう。
生きてりゃ、失敗するよ。いいんだよ、それで。
また改善していけば。

 

■ 女子が、自分らしくしっかり生きていくには、いろいろな意味で力をつけること。

 

■ コミュニケーションってなに?
相手の話を、よく聞くこと。
そして、相手と折り合いをつけること。
「しゃべる」ことではない。

 

■生きていくために、お金の流れもしっかり学ぶこと。

 

■自分がやりたいことを、やること。
そうすれば、もし失敗しても立ち直れる。

などなど。

お話が進むにつれ、高校生の表情が和らぎ、徐々に何かに気づいたような表情になっていったのが、印象に残りました。

こどもたちに出来るだけ様々なかたに出会い、自分に合った豊かな生き方をしてもらえたらいいな、と思います。

眞理先生、ありがとうございます。
またぜひ、にがみ塾にお越しください。
生徒さんとお待ちしています。

 

にがみ塾 丹上卓哉

浅場眞紀子先生・愛場吉子先生 『高校3年生へメッセージ』

スピーキング指導のプロフェッショナル 浅場先生・愛場先生 ご来塾

浅場先生・愛場先生にがみ塾にご来塾2
Q-Leap株式会社 浅場眞紀子先生愛場吉子先生 が、にがみ塾へおこしくださいました。

icon-star-o 浅場先生は、慶應義塾大学をご卒業し、外資の企業2社穀物・オイルのトレーダーとして10年勤務。
その後、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで学びました。
ビジネス英語研修 Q-Leap株式会社 代表をなさっています。

icon-star-o 愛場先生は、筑波大学ご卒業後、コロンビア大学大学院で学びました。
企業で英語を教えたのち、Calvin Kleinニューヨーク本社に勤務。
帰国後、大手企業・ビジネススクール・大学にて英語指導をなさっています。

icon-book 前半「にがみ塾の授業」
icon-smile-o 後半「浅場先生・愛場先生から、高校生へメッセージ」
という流れで進めました。

「英文法マップ」を使った文法授業

にがみ塾を卒業目前の高校3年生たちが出席しました。
生徒さんひとりずつが講師となり、浅場先生と愛場先生を前にして文法解説

おふたりのご感想をお聞きし、意見交換をさせていただきました。
『社会人クラス』・『高校生クラス』の共通点と違いなども、お聞きしました。

また特に、にがみ塾のリーディング指導の印象をうかがいました。
にがみ塾の指導の特徴は、「文法知識の整理」にあります。
【博多】 icon-arrow-circle-right 【大阪】 icon-arrow-circle-right 【東京】
のように、ルートマップ状に、英文法を整理します。

ある語を通過したら、次に何が来るか、出来るだけ素早く予測します。
この考え方を「英文法マップ」と呼びます。

これを、英語4技能 『話す』 『書く』 『聞く』 『読む』 すべてに応用します。
例えば、『話す』際に、丸暗記したものを出すのでなく、ルートマップに沿って話します。

スピーキング指導のプロフェッショナルのおふたりから、貴重なご意見をいただきました。

『踏み出さなければなにも始まらない!』-おふたりからのメッセージ

浅場先生・愛場先生から、高校3年生の生徒さんたちへ、メッセージを英語でくださいました。

新生活に向かう生徒さんたちに、おふたりと会ってほしい理由がありました。
『未知のものにパワフルに踏み出していくオトナ』 を体感してほしかったのです。

おふたりは新しい人と出会うことを、おそれません。
浅場先生はパッ!と華開くような明るさで
『こわいってなに!?あはは!』
と、笑い飛ばしてくれました。

浅場先生の、パワフルな明るさと優しさ
愛場先生の、願ったことをひとつずつかなえていく気持ちの強さと行動力
最強タッグのおふたりから、楽しい時間とチカラをいただきました。

『浅場先生と愛場先生、かっこいいっスね!』 と、生徒さんからの声。
『カッコイイ・オトナのお手本』 が、生徒さんたちのココロに入りました。

にがみ塾一同、ぜひまたのお越しをお待ちしております。
浅場先生、愛場先生、ありがとうございます!

浅場先生・愛場先生にがみ塾にご来塾1

【この投稿は、2016年3月の授業を記事にしたものです】

大野智彰先生 『読む授業』と『アクティブラーニング』 技術交流会

大野智彰先生 にがみ塾にご来塾

仙台南高等学校の大野智彰先生と、にがみ塾で技術交流会をしました。
『話す・書く・聞く・読む』 の英語4技能のうち、今回は 『読む』 授業をおこないました。
特に、文法解説方法を大野先生にご覧いただきました。

大野智彰先生 にがみ塾にご来塾

4技能のうち『読む』から学習開始

にがみ塾では、まず負荷の低い 『読む』 授業から始めて、文法学習を徹底します。
( ただ、長期間細かく文法学習をするのではなく、最短2カ月ほどで英文法の全体像を大づかみに理解します )

まずは文法をざっくり知る
icon-arrow-circle-o-right 文法にそって 『書く』
icon-arrow-circle-o-right さらに音声にして 『話す』

といった具合に、他の技能へと移ります。
にがみ塾 英語4技能表
例えれば、まず 4技能全てを学んでいくための「エンジン(文法)」を先に作ります。
次に、アウトプット 『話す・書く』 で試運転をしながら、エンジンの精度を上げます。

その際、にがみ塾では文法の定着方法として 『英文法マップ』 という考え方を使います。
これは、あるキーワードが来た際、文法ルール上、連鎖して次に何が来るかを予測する練習です。
この練習を通じ、アウトプット (『話す・書く』) をスムーズに出来るようになることを目指します。

大野先生からお聞きしたお話

大野先生が率先しておこなっていらっしゃるアクティブ・ラーニングについてお聞きしました。
アクティブ・ラーニングとは「教師から学ぶ」という受け身な学習ではありません。
『生徒同士が互いに助け合い、自分から問題を解決する』という学習を指します。

icon-male 40人学級でアクティブ・ラーニングをする際に気を付けること
icon-comment-o 授業をした際に大野先生が感じること
icon-book 今後の指導で目指すこと

などをお聞かせいただきました。

にがみ塾では 『ほかの人に教えられなければ、理解できていない』 という考え方をしています。
授業内で頻繁に教え合います ( 特にスムーズに教えられない文法項目は 『話す・書く』 ときに迷いが出るはず )。
今回、アクティブラーニングを日々実践なさっている大野先生からお話をお聞かせいただき、新たな視点をいただきました。
次回は、また違う角度から意見交換と勉強をさせていただきたいと思っています。

【この投稿は、2016年3月の授業を記事にしたものです】