【セミナー案内】松本道弘先生 with 暁(あかつき)の会 京都『六角ディベートセミナー』

松本道弘先生が、半世紀かけて作ってきた英語学習の技術を、若い世代に伝えたい、と思っています。

直接、道弘先生にお会いすると、気づかされることがイロイロ。

今、英語教育業界で提起されていることを、ずいぶん昔から道弘先生がおっしゃってたり、直接お話を伺うと、かなりぶっ飛びます。

7月22日に、道弘先生と「暁(あかつき)の会 京都」がコラボセミナーを開催。

丹上も参加してきます。


暁京都の7月夏祭り🎇

日時:7月22日(日)
   13時~17時
場所:ベーコンラボ4階 会議室
内容:六角ディベート体験
   アメリカとイギリスの交渉術の違い
参加費:4000円

以下のURLよりお申込みください。

https://form.os7.biz/f/ad7ad115/

「ICEE(アイシー)2018」 が9月に開催予定です

ICEE(アイシー):年一度の英語スピーキングまつり

秋に ICEE 2018 がやって来ます。
トーナメント形式で優勝者を決定。

勝っても負けても、自分の英語の改善点が見つかります。
みんながそれぞれ楽しめるお祭り。

ICEE 2017の動画です。
最前列、ひげ坊主頭が塾長の丹上です。


【特別授業】2017 ICEE 優勝者 吉澤眞理先生 ご来塾 ~高校生へメッセージ~

吉澤眞理先生 にがみ塾をご訪問

2017 ICEE 優勝者 吉澤 眞理先生が、にがみ塾に遊びに来てくださいました。

にがみ塾の英文法授業をご覧いただいた後、眞理先生から高校生へ、進路のお話。

ビジネストレーナーのご経験や、会社経営をなさっている視点から、いろいろなヒントをいただきました。

眞理先生から 高校生への メッセージ

◇ 会社に入って、新人さんに求められることは、毎朝、機嫌良く「おはようございます!!」と言えること。
機嫌良く、がすごく大事。自分を機嫌良くする方法も知っておくこと)

◇ 周りのかたが、どれだけ気持ち良く仕事が出来る環境を作れるか。
『他喜力(たきりょく)』を率先して鍛えましょう。

◇ 楽しく生きるには、意識の持ちよう。
生きてりゃ、失敗するよ。いいんだよ、それで。
また改善していけば。

◇ 女子が、自分らしくしっかり生きていくには、いろいろな意味で力をつけること。

◇ コミュニケーションとは、「しゃべる」ということではない。
相手の言っていることを、『よく聞くこと』
そして、相手との折り合いをつけること

◇ 生きていくために、お金の流れもしっかり学ぶこと

自分がやりたいことを、やること。
そうすれば、もし失敗しても立ち直れる。

————————————————————
などなど。

お話が進むにつれて、高校生の表情も打ち解けて、徐々に、なにか気づいたような表情になっていったのが、印象に残りました。

こどもたちに出来るだけ、様々なかたに出会って、豊かな生き方をしてもらえたらいいな、と思います。

眞理先生、ありがとうございます。
またぜひ、にがみ塾にお越しください。
生徒さんとお待ちしています。

 

【予約状況ご案内】2018夏 マンツーマン授業

【予約状況ご案内】2018夏 マンツーマン授業

塾生のかたへ、夏期講習マンツーマン授業の予約状況をご案内します。
随時、情報を更新します。お申し込みの際の目安としてください。
(黒塗り部分:予約済みの日程)

◇ 7月21日 現在

———————————————

□ 7月16日(月) 午前   9:30 – 10:15
□ 7月16日(月) 午前 10:15 – 11:00
□ 7月16日(月) 午前 11:00 – 11:45
□ 7月16日(月) 午前 11:45 – 12:30
□ 7月16日(月) 午後   1:30 –   2:15
□ 7月16日(月) 午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 7月20日(金)  午前   9:30 – 10:15
□ 7月20日(金)  午前 10:15 – 11:00
□ 7月20日(金)  午前 11:00 – 11:45
□ 7月20日(金)  午前 11:45 – 12:30
□ 7月20日(金)  午後   1:30 –   2:15
□ 7月20日(金)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 7月21日(土)  午前    9:30 – 10:15
□ 7月21日(土)  午前 10:15 – 11:00
□ 7月21日(土)  午前 11:00 – 11:45
□ 7月21日(土)  午前 11:45 – 12:30
□ 7月21日(土)  午後   1:30 –   2:15
□ 7月21日(土)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 7月27日(金)  午前   9:30 – 10:15
□ 7月27日(金)  午前 10:15 – 11:00
□ 7月27日(金)  午前 11:00 – 11:45
□ 7月27日(金)  午前 11:45 – 12:30
□ 7月27日(金)  午後   1:30 –   2:15
□ 7月27日(金)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 7月28日(土)  午前   9:30 – 10:15
□ 7月28日(土)  午前 10:15 – 11:00
□ 7月28日(土)  午前 11:00 – 11:45
□ 7月28日(土)  午前 11:45 – 12:30
□ 7月28日(土)  午後   1:30 –   2:15
□ 7月28日(土)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月   4日(土) 午前   9:30 – 10:15
□ 8月   4日(土)    午前 10:15 – 11:00
□ 8月   4日(土)    午前 11:00 – 11:45
□ 8月   4日(土)    午前 11:45 – 12:30
□ 8月   4日(土)    午後   1:30 –   2:15
□ 8月   4日(土)    午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月  6日(月) 午前   9:30 – 10:15
□ 8月  6日(月) 午前 10:15 – 11:00
□ 8月  6日(月) 午前 11:00 – 11:45
□ 8月  6日(月) 午前 11:45 – 12:30
□ 8月  6日(月) 午後   1:30 –   2:15
□ 8月  6日(月) 午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月10日(金)  午前   9:30 – 10:15
□ 8月10日(金)  午前 10:15 – 11:00
□ 8月10日(金)  午前 11:00 – 11:45
□ 8月10日(金)  午前 11:45 – 12:30
□ 8月10日(金)  午後   1:30 –   2:15
□ 8月10日(金)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月11日(土)  午前   9:30 – 10:15
□ 8月11日(土)  午前 10:15 – 11:00
□ 8月11日(土)  午前 11:00 – 11:45
□ 8月11日(土)  午前 11:45 – 12:30
□ 8月11日(土)  午後   1:30 –   2:15
□ 8月11日(土)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月13日(月) 午前   9:30 – 10:15
□ 8月13日(月) 午前 10:15 – 11:00
□ 8月13日(月) 午前 11:00 – 11:45
□ 8月13日(月) 午前 11:45 – 12:30
□ 8月13日(月) 午後   1:30 –   2:15
□ 8月13日(月) 午後   2:15 –   3:00
———————————————

□ 8月17日(金)  午前   9:30 – 10:15
□ 8月17日(金)  午前 10:15 – 11:00
□ 8月17日(金)  午前 11:00 – 11:45
□ 8月17日(金)  午前 11:45 – 12:30
□ 8月17日(金)  午後   1:30 –   2:15
□ 8月17日(金)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月18日(土)  午前    9:30 – 10:15
□ 8月18日(土)  午前 10:15 – 11:00
□ 8月18日(土)  午前 11:00 – 11:45
□ 8月18日(土)  午前 11:45 – 12:30
□ 8月18日(土)  午後   1:30 –   2:15
□ 8月18日(土)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月20日(月) 午前   9:30 – 10:15
□ 8月20日(月) 午前 10:15 – 11:00
□ 8月20日(月) 午前 11:00 – 11:45
□ 8月20日(月) 午前 11:45 – 12:30
□ 8月20日(月) 午後   1:30 –   2:15
□ 8月20日(月) 午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月24日(金)  午前   9:30 – 10:15
□ 8月24日(金)  午前 10:15 – 11:00
□ 8月24日(金)  午前 11:00 – 11:45
□ 8月24日(金)  午前 11:45 – 12:30
□ 8月24日(金)  午後   1:30 –   2:15
□ 8月24日(金)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月25日(土)  午前    9:30 – 10:15
□ 8月25日(土)  午前 10:15 – 11:00
□ 8月25日(土)  午前 11:00 – 11:45
□ 8月25日(土)  午前 11:45 – 12:30
□ 8月25日(土)  午後   1:30 –   2:15
□ 8月25日(土)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月27日(月) 午前   9:30 – 10:15
□ 8月27日(月) 午前 10:15 – 11:00
□ 8月27日(月) 午前 11:00 – 11:45
□ 8月27日(月) 午前 11:45 – 12:30
□ 8月27日(月) 午後   1:30 –   2:15
□ 8月27日(月) 午後   2:15 –   3:00

———————————————

□ 8月28日(火)  午前   9:30 – 10:15
□ 8月28日(火)  午前 10:15 – 11:00
□ 8月28日(火)  午前 11:00 – 11:45
□ 8月28日(火)  午前 11:45 – 12:30
□ 8月28日(火)  午後   1:30 –   2:15
□ 8月28日(火)  午後   2:15 –   3:00

———————————————

【セミナー案内】松本道弘先生『六角ディベート、いかがですか?』

【ご案内:松本道弘先生「六角ディベート・セミナー」】

◇[松本道弘先生が指導]
元 米国大使館 同時通訳者 松本道弘先生が「六角ディベート」のセミナーを開催します。

◇ [六角(ろっかく)ディベートってなに?]
ディベートを日本に広めたことで知られる松本先生が考案した「六角ディベート」。
相手を「説得」するのではなく、「納得」してもらうことを目指します。

日常生活で使えることはもちろん、英検二次試験対策や、長文読解をする際にも、ディベートの思考方法は役立ちます。

◇ [こんなかたにオススメ]
「語彙」「文法」を定着させるだけでなく、さらに一歩、英語力を伸ばしたいかた

海外の人と話をして、なんとなく会話は続くけど「いまひとつ、深く話に入り込めない」と感じているかた

英語のスピーキングテストで、発言内容を充実させたいかた

英語で、自信をもって主張する生徒さんを育てたい英語教員のかた

 


【セミナー詳細】

◇[日時]
6月27日(水)21:00-23:00

◇[場所]
お手持ちのPCやスマホで、お好きな場所からご参加いただけます。
インターネット会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使用します。
インストール方法は簡単です。以下のサイトをご参照ください。
 ■PCへのインストール方法
https://zoom-kaigi.com/zoom-start/
 ■スマホへのインストール方法
https://zoom-kaigi.com/smaho/

◇ [参加費]
1,500円

◇[お申し込み方法]
参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。
https://form.os7.biz/f/057ad687/

主催の「暁(あかつき)の会」( https://www.facebook.com/Akatsuki.English4/ )より、お振込先のご案内が届きます。


英検準2級(高校中級程度)以上の英語力があれば、お楽しみいただけます。
皆さまのお越しをお待ちしています!

松本道弘先生【高校生へのディベート講座】その2 「ディベートと議論のちがい」

日本にディベートを広めた松本道弘先生 高校生へ直接指導

その2「ディベートと議論のちがい」

松本道弘先生の、高校生へのディベート講座が、にがみ塾でおこなわれました。

「ディベートって、わいわい意見を言い合う、くちゲンカみたいなやつでしょ?」
ノンノン!ディベートと議論はちがいます icon-smile-o

英語ができるようになるために、ディベートの知識が必要です。
まずは「ディベートと議論のちがい」を、以下の動画(1分30秒)で確認しましょう。


松本道弘先生【高校生へのディベート講座】その1 松本先生の自己紹介

日本にディベートを広めた松本道弘先生 高校生へ直接指導

その1 松本先生の自己紹介

松本道弘先生が、にがみ塾で高校生にディベート講座をしてくださいました。
その様子を、YouTubeにアップしました。1回目となる今回は、松本先生の自己紹介から始まります。

動画内で、松本先生が横山雅彦先生について、お話しています。
横山先生は、ロジカル・リーディング(ディベートの思考方法を応用し、横山先生が体系化した長文読解法)を、提唱なさっています。

私、丹上も、英検1級の受験準備をする際、横山先生のテキストを拝読し、長文読解の精度と速度が大きく向上しました。松本先生がにがみ塾にいらした際に、横山雅彦先生がお書きになられた本を、ご紹介した次第です。

横山先生は著書の中で、松本先生について、以下の様に述べておられます。
『日本最初の同時通訳者で、アポロ宇宙船月面着陸の同時通訳で知られる西山千さんが、お弟子さんの松本道弘さんと対談して本を出しておられます。
 お二人ともぼくが大学生だったころ、まさに全国の大学ESSのメンバーの憧れの的、英語界のスーパースターでした。』
「横山メタロジック会話英語講義の実況中継」(語学春秋社)p.83より)

英語学習とディベートは、切っても切り離せない関係にあります。
また、ディベートの思考方法に慣れ親しむことで、英文を読むことはもちろん、英語を話すことが飛躍的に上達します。
英語を学ぶ多くの方に、ディベートの重要性と楽しさを知っていただければと願っています。

 

【書籍紹介】安河内哲也先生『英語4技能の勉強法をはじめからていねいに』

【書籍のご紹介】

安河内 哲也先生の新著『英語4技能の勉強法をはじめからていねいに』をご紹介します。

本書は全編を通じて漫画化しており、読みやすさを重視したつくりとなっています。
また、それでありながら、
■「英語4技能化とはなにか?」
■「どんな英語資格試験があるのか?」
■「どういった勉強をすべきか?」
といった英語学習者(特に大学受験生)にとって大事な情報が、一冊に凝縮しています。

私は英語4技能を指導する塾を運営しており、生徒さんや親御さんから、英語4技能関連の質問をいただきます。そういったさまざまな質問に対する回答を、この一冊はカバーしています。

また、この本を読むことで、生徒さんがモチベーションを高めることにもつながります
生徒さんの将来への漠然とした不安が、ワクワクに変わる内容です。

大学入試や、英語資格試験を受けるつもりだけど、なんとなく気がひけるというかたは、まずこの本から入ることを、強くおすすめします。
英語4技能の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス TOSHIN COMICS)

松本道弘先生【a / the の使い分けかた】

元米国大使館通訳 松本先生 直伝【a / the の使い分けかた】

松本道弘先生が主宰する英語学習会『狼の森 The Forest of English Wolves』の塾頭を、私丹上がさせていただいております。
その打ち合わせなどで、松本道弘先生が「にがみ塾」にお越しになります。

先日、私の英文法授業をご覧になった際、松本先生が高校生にミニ授業をしてくださいました。


テーマ:【a / the の使い分けかた】

A PRESIDENT THE PRESIDENT
の違い

※下記の2文は意味が異なる
① HOW TO TELL A PRESIDENT “YOU’RE FIRED”
② HOW TO TELL THE PRESIDENT “YOU’RE FIRED”

A YOKOZUNATHE YOKOZUNA
の違い


【丹上講師の研修】@紘道館:逐次通訳とディベート

通訳とディベートの練習

松本道弘先生紘道館(こうどうかん)でトレーニング
この日は
◇午前 逐次通訳(ちくじつうやく)
◇午後 ディベート
の2本立て。
参加者は15名ほど。

逐次通訳とは「話者があるまとまりを話し終えてから、通訳者が翻訳する方式」(広辞苑より引用)。
この日のテーマは『幕末』。
一人ずつみなさんの前に出てきて、松本先生が2分間話した英語を逐次通訳
松本先生が、それぞれ一人一人の英語力に合わせてくれます。

『英語道(えいごどう)』とは?

紘道館に興味ある方や、紘道館はハイレベルすぎると二の足を踏んでいる方は、ぜひ来てみてください。ご自身に合ったレベルでのトレーニングが出来ます。
特に、自分の英語力を伸ばすのに、もうひとつ山を越えたいと思っている人は、ヒントが見つかるかもしれません

「公武合体(こうぶがったい)」
「高杉晋作」
「山岡鉄舟」
「勝海舟」…

など、日本史で聞いたことのある言葉や人名が並びます。
『英語が話せる』とは、表面的な流暢さではなく、『話せる内容があること』だと、松本先生はおっしゃいます。

そのためにはまず、徹底的に「読む」「聞く」のインプットを重視すること。
話の中味を充実させることで、いざ話すときに『斬れる英語』になるとのことです。

英語を剣に喩(たと)え、常に磨くこと(つまり、インプットを怠らないこと)。
剣を抜く時とは、適切なアウトプットの瞬間!機を逃さず、素早く必ず相手を斬る
そして鞘に納める時も、気を抜かない。これが残心
武士の心構え、斬れる英語を身につける者の心構え―これがすなわち英語道
といいます。

中味がないのに、刀を振り回してチャンバラ、ではダメ。
「派手に見えるが中身のない英語」は目指さない。
日本人が目指す英語は、ネイティブを『なるほど。うーん、まいった!』とうならせる英語だとおっしゃいます。

そのためにも、日本的事象を学んでおくことは、必須なのです。

現代の日本についてディベート

お昼ご飯は、それぞれお弁当グループ・外食グループなどに分かれて、三々五々。
私は皆さんとラーメン屋さんで、カレーセット定食。

午後からはディベート
論題「2020年末までに日本で内戦は起きるか」
Resolved : that the Civil War will break out by the end of 2020 in Japan

 

紘道館のディベートは『六角(ろっかく)ディベート』と呼ばれています。
相手を叩くのではなく、いかに納得してもらうか相手との和を目指すディベートです。
交渉の要素が入っており、実生活の中でも活用できるようにと考案されています。

午前の幕末の話から、午後は「内戦」というテーマにつながっています。
内戦が起きるとすれば、その種火となる不満要因があるはずです。
幕末の時代から、今度は現在の日本国内になる問題点を、ディベートを通じて考えました。