内藤直美先生 ハビック真由香先生 『ジャズチャンツ勉強会』

『ジャズチャンツ』とは?

『ジャズチャンツ』 という英語学習法をご存じですか?
この学習法に詳しい「MH International Education」代表取締役社長 ハビック真由香先生は、以下の様に説明しています。

今から約40年前、ニューヨーク大学で移民に英語を教えていらっしゃったキャロリン・グラハム先生とおっしゃる方が、英語の話しことばとジャズのリズムがピッタリ同じであることを発見し、『ジャズ・チャンツ』と言う学習方法を編み出されました。
その後、『ジャズ・チャンツ』は、世界中の英語学習者を助ける最良の方法の一つとして広く知られるようになりました。


引用元 

私、丹上はこの学習法を2015年に知り、創始者のキャロリン・グラハム先生が来日なさった際に、授業を受けました。
キャロリン先生が、授業中ずっと笑顔でいることと、とてもエネルギーあふれる授業をしてくださったことをおぼえています。
他の参加者のかたが「キャロリン先生に会いたくて、授業を受けに来ている」と言っていた意味が、実際にキャロリン先生にお会いしてわかりました。

キャロリン・グラハム先生
キャロリン・グラハム先生

『ジャズチャンツ勉強会』 あっという間の2時間

ジャズチャンツ を良く知る 児童英語のエキスパート 内藤直美先生のご自宅にお招きいただき、ハビック真由香先生と私の3人で、『ジャズチャンツ勉強会』をさせていただきました。私の基本的な質問にも、おふたりは的確にわかりやすくお答えをくださり、ジャズチャンツが身近になった気がします。

また、お話は多岐に渡りました。

 icon-male アクティブ・ラーニング(生徒さんが、受け身でなく、自分から学ぶ学習方法) とは何か。
icon-pencil 児童英語教育の世界では、ずっと前からアクティブ・ラーニングが研究されていること。
icon-wrench どの様に児童教育から小学校・中学校・高校・大学と、英語教育を連結させていくか。
などなど

あっという間に、2時間が経ちました。次回の勉強会開催を約束して解散となりました。

ジャンチャンツ勉強会
内藤直美先生 と ハビック真由香先生

自主トレとして楽しむ ジャズチャンツ教材

おふたりにオススメいただいたキャロリン先生の教材を、早速購入。
CD と、テキストをセットにて。

自宅と塾で、ジャズチャンツを早速実践!

自宅に戻り、まだ小さい子どもと早速リズムに合わせて歌ってみます。
“Hello! How are you?”
しばらく一緒に歌ってから様子を見ていると、ひとりで遊びながら
“Hello! How are you?”
と、つぶやいています。

その後、にがみ塾での大学生のクラスにて、覚えずらい例文をジャズチャンツで生徒さんと一緒に、歌って記憶しました。
そもそもジャズチャンツは、大人の移民のかたの英語学習に開発された方法です。
老若男女を問わず楽しく、しかも効率的に学べます。

現在(2016年11月)、キャロリン先生が来日なさっています。
もしご興味ある方は授業に参加なさってみてください。
EPIC特別講座 The VERY Special Workshop with Carolyn Graham Vol.11
~~子どもたちに、「心を伝えるための英語」を与えたい!~~

ハビック真由香先生 『英語絵本読み聞かせ会』

『絵本読み聞かせ』の魅力

丸の内の大型書店「丸善」で、ハビック真由香先生の『絵本読み聞かせ会』が開催されました。

以前、ハビック先生の教室へ、にがみ塾の生徒さんたちと訪れ、発音指導をしていただきました。
授業が終わった帰りがけに、「絵本を読みましょうか?」とのハビック先生からのお申し出。
その日の生徒さんは高校3年生が中心でした。

絵本を持つハビック先生を、高3生たちは少し気恥ずかしそうに、囲んで座りました。
ハビック先生が絵本を読み始めると、空気が変わります。

少年が抱っこをされて、愛情を込めて育てられ、成長していくというお話。
物語の終盤には、女子高生数人が、泣いていました。

あの日の絵本読み聞かせは、高校3年生が受験直前の頃でした。
親御さんへの感謝を今一度考えるために、ハビック先生からのプレゼントだったのだと思っています。
高校3年生に、そういう絵本を選ぶところなど、かっこいいなあと思います。

それ以来、絵本読み聞かせを、私もいつかしてみたいと考えていました。
先日、「いたばしボローニャ子ども絵本館」に訪れたのも、この日のことが心に残っていたからです。

 

いよいよ『読み聞かせ』スタート!

さて、話は丸善に。

丸善のショップコンセプトは 『Book Museum (本の博物館)』 とのこと。
丸善オアゾという大きなビルの、1階から4階まで、ぎっしりと書籍が並びます。

1階にはクリスマスツリー。

丸善クリスマスツリー

ピカソ 「ゲルニカ」

丸善ゲルニカ

4階洋書売り場の先、絵本コーナーへ。
絵本読み聞かせがスタート!
子どもたちが集まります。

丸善 絵本読み聞かせ1

子どもたちが、絵本の世界に集中しています。

丸善 絵本読み聞かせ2

この日、学んだ3つのこと
  1. 声を大きく出す
  2. 強弱の付け方に気を付ける
  3. 単語の意味を声で表現する


特に3点目は、 キャロリン・グラハム先生の教えを思い出しました。
グラハム先生は、世界のさまざまな英語教育者に影響を与えているジャズチャンツの創始者です。
強い言葉は強く、優しい言葉は優しく、声と体を使って表現します。

そして、グラハム先生は、ハビック先生のお師匠様なのです。

 

2015年に、にがみ塾の生徒さんに、ジャズチャンツの授業をしてくださいました。

キャロリン・グラハム先生 特別授業

 

この日は5冊、秋にちなんだお話でした。

丸善 絵本読み聞かせ3

楽しい話は子どもたちの心にずっと残ります。
絵本読み聞かせを、私もチャレンジしてみようと思います。

ハビック真由香先生の絵本読み聞かせ会の情報は、Maruzen Kids Club からどうぞ!