【松本道弘 先生】オンラインで全国の高校生に授業

松本道弘先生 と 高校生

松本道弘先生が、高校生にオンラインで授業実施。
東京・京都・石川 の高校生が参加しました。

 

松本先生の英語に対する考えかたを、いろいろな角度から、高校生にお伝えしました。今回は『 give と get をもっと使おう 』という内容。

 

英語4技能のその先に【英語ディベート】があります。ディベートが出来る高校生の数が増えることを願っています。

にがみ塾 丹上卓哉

英語長文読解授業は、進路指導の一環

英語長文読解を、進路指導の一環にする2つのメリット

高校生が自身の進路決定するのは、難しいことです。
その理由の一つに、世の中で起きていることを掘り下げて考える機会が、年令のゆえ、まだ少ないことが挙げられます。

英語長文読解の授業を、長文の内容重視にし、「英語長文読解授業を、進路指導の一環にする」ということを私はおこなっています。

進路に迷う生徒さんは、自身の進路に対し、強い好奇心を持っています。
その好奇心を、英語学習へのモチベーションに、転化することにもなります。

また、高校3年生になってから、バタバタと焦って自身の進路を決めて、大学生活で自身の選択が正しかったか迷う、ということを防ぐ一助になるかと、私は考えています。

 

授業準備の仕方

授業準備の一つの例として、以下のようなものがあります。

「全国大学入試問題正解 英語編」巻末には、『トピック別長文問題要約一覧』が掲載されています。
カテゴリー(日常生活・社会・文化など)ごとに、その年の大学入試で出された長文の各要約が出ています。
ここから生徒さんの進路のヒントになりそうな内容をピックアップし、関連する背景知識をYouTubeなどの動画で補足します。

  icon-arrow-circle-right 英語が苦手な生徒さんの場合
  ■動画を見てから、長文読解

  icon-arrow-circle-o-right 英語の得意な生徒さんの場合
  ■長文読解してから、動画

生徒さんの表情や発言が、1クラスだけでガラッと変わることもあります。

2018年受験用全国大学入試問題正解 1英語(私立大編) 

【特別授業】GC&T 代表取締役社長・大阪英語村 初代館長 梅澤直臣さん

梅澤直臣社長、にがみ塾にご来塾

グローバル・コミュニケーション&テスティング(GC&T) 代表取締役社長 梅澤直臣さんが、にがみ塾にお越しくださいました。
2017.6.12 梅澤直臣社長3

梅澤直臣社長のご紹介

GC&Tは、TOEFL iBTの若年層向けテスト
・TOEFL Junior
・TOEFL Primary
を日本で普及させています。

また、梅澤社長は、入社当時30万人だったTOEIC を、20年間の間に230万人規模まで拡大させた功労者のひとりです。

そして、2015年にオープンした大阪英語村「OSAKA ENGLISH VILLAGE」初代館長として、事業の立ち上げに携わっておられました。

にがみ塾の授業をご覧いただいた後、高校生にメッセージをくださいました。
2017.6.12 梅澤直臣社長8
  2017.6.12 梅澤直臣社長6   

梅澤社長が、高校生に伝えたいこと

 icon-check-square TOEFL・TOEICとはどういった試験なのか
ということを皮切りに、
 icon-file-o
アジア圏内で見た日本人の英語力
 
icon-file-o どのような学習をすべきか
 icon-file-o 
これから大学生になる前に知っておいてほしいこと

といった点に関し、お話しくださいました。

2017.6.12 梅澤直臣社長7

その内容を、以下にまとめます。

日本の英語力は、アジアの中でも低い位置にあります。
特にスピーキング能力の低さが顕著です。その理由は使用頻度。
いかに毎日の生活の中で使用する機会を作るかが重要です。

毎日の生活の中で、ほんの数分で良いので英語を使うこと。
たとえば、家の中に英語を話さなければいけないゾーンを作ってしまう。
そのゾーンにテープで印をする。

ご家族と協力して、楽しみながら、英語を使う環境を作りましょう

2017.6.12 梅澤直臣社長5

日本から出る気はないので、英語はやらなくても良い、ということは通用しなくなってきています。
アジアの様々な国で、高い教育熱に、更なる拍車がかかっています。

彼らの進路の選択肢に日本留学があり、優秀なアジア人が次々と日本に入ってきます。
その方々と競うことになります。英語が出来ることは必須です。

【国内にとどまるから大丈夫】ではなく、
【グローバルな流れは、向こうから日本へ入ってくる】のです」

2017.6.12 梅澤直臣社長9

「大学生になったら、
 icon-circle-o 英語
 
icon-circle-o 英語以外の外国語
 
icon-circle-o ご自身の専門分野

この3つをそろえてください。

英語以外の外国語は、中国語やスペイン語の様に、使用者が多い言語が良いです。
また、モチベーションはこの言語を学んだら、その国の素敵な恋人が出来るということで大丈夫です。
ぜひ楽しみながら言語を身に付けてください

2017.6.12 梅澤直臣社長4

この日、日本の英語教育の最前線にいらっしゃる梅澤社長に、高校生たちは直接お会いしました。
実際にお会いして教えていただいたことは、強く心に残ります。
梅澤社長とお会いした経験、お話しいただいた内容を、彼らは忘れないことと思います。

5年後のこの子たちが、この日の経験をどう振り返るか、本当に楽しみです。
それを思い、その場にいた私も、気持ちが高まりました。

10年後の日本人の英語力を高めるために、様々な方々のお力を借り、協力し合いながら、子供たちに多方向から英語学習の楽しさ・重要さを伝えていきたいと思います。
梅澤社長、このたびはにがみ塾で高校生とお会いいただき、貴重なお話をありがとうございます。

2017.6.12 梅澤直臣社長2017.6.12 梅澤直臣社長2

浅場眞紀子先生・愛場吉子先生 『高校3年生へメッセージ』

スピーキング指導のプロフェッショナル 浅場先生・愛場先生 ご来塾

浅場先生・愛場先生にがみ塾にご来塾2
Q-Leap株式会社 浅場眞紀子先生愛場吉子先生 が、にがみ塾へおこしくださいました。

icon-star-o 浅場先生は、慶應義塾大学をご卒業し、外資の企業2社穀物・オイルのトレーダーとして10年勤務。
その後、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで学びました。
ビジネス英語研修 Q-Leap株式会社 代表をなさっています。

icon-star-o 愛場先生は、筑波大学ご卒業後、コロンビア大学大学院で学びました。
企業で英語を教えたのち、Calvin Kleinニューヨーク本社に勤務。
帰国後、大手企業・ビジネススクール・大学にて英語指導をなさっています。

icon-book 前半「にがみ塾の授業」
icon-smile-o 後半「浅場先生・愛場先生から、高校生へメッセージ」
という流れで進めました。

「英文法マップ」を使った文法授業

にがみ塾を卒業目前の高校3年生たちが出席しました。
生徒さんひとりずつが講師となり、浅場先生と愛場先生を前にして文法解説

おふたりのご感想をお聞きし、意見交換をさせていただきました。
『社会人クラス』・『高校生クラス』の共通点と違いなども、お聞きしました。

また特に、にがみ塾のリーディング指導の印象をうかがいました。
にがみ塾の指導の特徴は、「文法知識の整理」にあります。
【博多】 icon-arrow-circle-right 【大阪】 icon-arrow-circle-right 【東京】
のように、ルートマップ状に、英文法を整理します。

ある語を通過したら、次に何が来るか、出来るだけ素早く予測します。
この考え方を「英文法マップ」と呼びます。

これを、英語4技能 『話す』 『書く』 『聞く』 『読む』 すべてに応用します。
例えば、『話す』際に、丸暗記したものを出すのでなく、ルートマップに沿って話します。

スピーキング指導のプロフェッショナルのおふたりから、貴重なご意見をいただきました。

『踏み出さなければなにも始まらない!』-おふたりからのメッセージ

浅場先生・愛場先生から、高校3年生の生徒さんたちへ、メッセージを英語でくださいました。

新生活に向かう生徒さんたちに、おふたりと会ってほしい理由がありました。
『未知のものにパワフルに踏み出していくオトナ』 を体感してほしかったのです。

おふたりは新しい人と出会うことを、おそれません。
浅場先生はパッ!と華開くような明るさで
『こわいってなに!?あはは!』
と、笑い飛ばしてくれました。

浅場先生の、パワフルな明るさと優しさ
愛場先生の、願ったことをひとつずつかなえていく気持ちの強さと行動力
最強タッグのおふたりから、楽しい時間とチカラをいただきました。

『浅場先生と愛場先生、かっこいいっスね!』 と、生徒さんからの声。
『カッコイイ・オトナのお手本』 が、生徒さんたちのココロに入りました。

にがみ塾一同、ぜひまたのお越しをお待ちしております。
浅場先生、愛場先生、ありがとうございます!

浅場先生・愛場先生にがみ塾にご来塾1

【この投稿は、2016年3月の授業を記事にしたものです】

【英語 Speaking 練習法】イソップ童話 伝言ゲーム

心に残るイソップ童話

イソップ童話は短く、教訓もあり、心に残ります。
にがみ塾では、これを英語 Speaking 【話す】 授業に使っています。

ヒョウと鳥

icon-female イソップ童話を、インプット(入力)

■生徒さんのレベルに合わせ、インプット方法を選びます。
たとえば…

icon-book
【英検2級ほど】英語でイソップ童話を読む

icon-headphones【英検準2級ほど】英語でイソップ童話を聞く

わかりやすいインプットなら…

icon-book日本語でイソップ童話を読む
icon-headphones日本語でイソップ童話を聞く

■電子書籍で、安く読みやすいイソップ童話の本が、多く出版されています。
(スマートフォンでアプリをダウンロードして読めます)

 

icon-female icon-comment-o  |icon-male ついたて越しの2人目に、アウトプット(出力)

■内容を知らない2人目に、イソップ童話の内容を、口頭で伝えます(英語)。
■2人目は、質問を自由に出来ます(ただし、英語のみ)。
■ついたてで、視覚による助けをなくします。
もし、難易度を下げたい時には、ついたてを外し、視覚の補助もOKにしてください。

スピーキングの授業時のついたて

 

どの技能のトレーニングか意識

何のためのトレーニングかを意識すると、集中力と効果が変わります。
(にがみ塾では、表を指さし、「コレをトレーニング!」と告げます)
にがみ塾 英語4技能表
今回のトレーニングを例にとると…

icon-female 1人目
インプット時 Reading【読む】/ Listening【聞く】
アウトプット時 Speaking【話す】

icon-male 2人目
インプット時 Listening【聞く】
質問時 Speaking【話す】

が、鍛えられます。


「英語を話す際、内容に困る」という方にも、イソップ童話はオススメです。
「なにかおもしろい話をして」という無茶ブリに、英語でスマートに対応するチャンスかも知れません。
「イソップ童話に、こんな話があるんだ」なんて、話を切り出してみるのはいかがでしょうか?

大野智彰先生 『読む授業』と『アクティブラーニング』 技術交流会

大野智彰先生 にがみ塾にご来塾

仙台南高等学校の大野智彰先生と、にがみ塾で技術交流会をしました。
『話す・書く・聞く・読む』 の英語4技能のうち、今回は 『読む』 授業をおこないました。
特に、文法解説方法を大野先生にご覧いただきました。

大野智彰先生 にがみ塾にご来塾

4技能のうち『読む』から学習開始

にがみ塾では、まず負荷の低い 『読む』 授業から始めて、文法学習を徹底します。
( ただ、長期間細かく文法学習をするのではなく、最短2カ月ほどで英文法の全体像を大づかみに理解します )

まずは文法をざっくり知る
icon-arrow-circle-o-right 文法にそって 『書く』
icon-arrow-circle-o-right さらに音声にして 『話す』

といった具合に、他の技能へと移ります。
にがみ塾 英語4技能表
例えれば、まず 4技能全てを学んでいくための「エンジン(文法)」を先に作ります。
次に、アウトプット 『話す・書く』 で試運転をしながら、エンジンの精度を上げます。

その際、にがみ塾では文法の定着方法として 『英文法マップ』 という考え方を使います。
これは、あるキーワードが来た際、文法ルール上、連鎖して次に何が来るかを予測する練習です。
この練習を通じ、アウトプット (『話す・書く』) をスムーズに出来るようになることを目指します。

大野先生からお聞きしたお話

大野先生が率先しておこなっていらっしゃるアクティブ・ラーニングについてお聞きしました。
アクティブ・ラーニングとは「教師から学ぶ」という受け身な学習ではありません。
『生徒同士が互いに助け合い、自分から問題を解決する』という学習を指します。

icon-male 40人学級でアクティブ・ラーニングをする際に気を付けること
icon-comment-o 授業をした際に大野先生が感じること
icon-book 今後の指導で目指すこと

などをお聞かせいただきました。

にがみ塾では 『ほかの人に教えられなければ、理解できていない』 という考え方をしています。
授業内で頻繁に教え合います ( 特にスムーズに教えられない文法項目は 『話す・書く』 ときに迷いが出るはず )。
今回、アクティブラーニングを日々実践なさっている大野先生からお話をお聞かせいただき、新たな視点をいただきました。
次回は、また違う角度から意見交換と勉強をさせていただきたいと思っています。

【この投稿は、2016年3月の授業を記事にしたものです】

ハビック真由香先生 『英語絵本読み聞かせ会』

『絵本読み聞かせ』の魅力

丸の内の大型書店「丸善」で、ハビック真由香先生の『絵本読み聞かせ会』が開催されました。

以前、ハビック先生の教室へ、にがみ塾の生徒さんたちと訪れ、発音指導をしていただきました。
授業が終わった帰りがけに、「絵本を読みましょうか?」とのハビック先生からのお申し出。
その日の生徒さんは高校3年生が中心でした。

絵本を持つハビック先生を、高3生たちは少し気恥ずかしそうに、囲んで座りました。
ハビック先生が絵本を読み始めると、空気が変わります。

少年が抱っこをされて、愛情を込めて育てられ、成長していくというお話。
物語の終盤には、女子高生数人が、泣いていました。

あの日の絵本読み聞かせは、高校3年生が受験直前の頃でした。
親御さんへの感謝を今一度考えるために、ハビック先生からのプレゼントだったのだと思っています。
高校3年生に、そういう絵本を選ぶところなど、かっこいいなあと思います。

それ以来、絵本読み聞かせを、私もいつかしてみたいと考えていました。
先日、「いたばしボローニャ子ども絵本館」に訪れたのも、この日のことが心に残っていたからです。

 

いよいよ『読み聞かせ』スタート!

さて、話は丸善に。

丸善のショップコンセプトは 『Book Museum (本の博物館)』 とのこと。
丸善オアゾという大きなビルの、1階から4階まで、ぎっしりと書籍が並びます。

1階にはクリスマスツリー。

丸善クリスマスツリー

ピカソ 「ゲルニカ」

丸善ゲルニカ

4階洋書売り場の先、絵本コーナーへ。
絵本読み聞かせがスタート!
子どもたちが集まります。

丸善 絵本読み聞かせ1

子どもたちが、絵本の世界に集中しています。

丸善 絵本読み聞かせ2

この日、学んだ3つのこと
  1. 声を大きく出す
  2. 強弱の付け方に気を付ける
  3. 単語の意味を声で表現する


特に3点目は、 キャロリン・グラハム先生の教えを思い出しました。
グラハム先生は、世界のさまざまな英語教育者に影響を与えているジャズチャンツの創始者です。
強い言葉は強く、優しい言葉は優しく、声と体を使って表現します。

そして、グラハム先生は、ハビック先生のお師匠様なのです。

 

2015年に、にがみ塾の生徒さんに、ジャズチャンツの授業をしてくださいました。

キャロリン・グラハム先生 特別授業

 

この日は5冊、秋にちなんだお話でした。

丸善 絵本読み聞かせ3

楽しい話は子どもたちの心にずっと残ります。
絵本読み聞かせを、私もチャレンジしてみようと思います。

ハビック真由香先生の絵本読み聞かせ会の情報は、Maruzen Kids Club からどうぞ!