【予約状況 ご案内】2022 夏期講習( マンツーマン授業 )

◇ 予約状況 ご案内 ◇
2022 夏期講習 マンツーマン授業

塾生のかたへ 予約状況をご案内します。
随時、情報を更新します。
(黒塗り部分:ご予約済みの日程)
※ 7月3日現在

———————————————

□ 7月11日(月)午前 9:15 – 10:00
□ 7月11日(月)午前 10:05 – 10:50
□ 7月11日(月)午前 11:00 – 11:45
□ 7月11日(月)午前 11:50 – 12:35
□ 7月11日(月)午後 1:30 – 2:15
□ 7月11日(月)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月12日(火)午前 9:15 – 10:00
□ 7月12日(火)午前 10:05 – 10:50
□ 7月12日(火)午前 11:00 – 11:45
□ 7月12日(火)午前 11:50 – 12:35
□ 7月12日(火)午後 1:30 – 2:15
□ 7月12日(火)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月13日(水)午前 9:15 – 10:00
□ 7月13日(水)午前 10:05 – 10:50
□ 7月13日(水)午前 11:00 – 11:45
□ 7月13日(水)午前 11:50 – 12:35
□ 7月13日(水)午後 1:30 – 2:15
□ 7月13日(水)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月14日(木)午前 9:15 – 10:00
□ 7月14日(木)午前 10:05 – 10:50
□ 7月14日(木)午前 11:00 – 11:45
□ 7月14日(木)午前 11:50 – 12:35
□ 7月14日(木)午後 1:30 – 2:15
□ 7月14日(木)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月15日(金)午前 9:15 – 10:00
□ 7月15日(金)午前 10:05 – 10:50
□ 7月15日(金)午前 11:00 – 11:45
□ 7月15日(金)午前 11:50 – 12:35
□ 7月15日(金)午後 1:30 – 2:15
□ 7月15日(金)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月18日(月)午前 9:15 – 10:00
□ 7月18日(月)午前 10:05 – 10:50
□ 7月18日(月)午前 11:00 – 11:45
□ 7月18日(月)午前 11:50 – 12:35
□ 7月18日(月)午後 1:30 – 2:15
□ 7月18日(月)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月19日(火)午前 9:15 – 10:00
□ 7月19日(火)午前 10:05 – 10:50
□ 7月19日(火)午前 11:00 – 11:45
□ 7月19日(火)午前 11:50 – 12:35
□ 7月19日(火)午後 1:30 – 2:15
□ 7月19日(火)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月20日(水)午前 9:15 – 10:00
□ 7月20日(水)午前 10:05 – 10:50
□ 7月20日(水)午前 11:00 – 11:45
□ 7月20日(水)午前 11:50 – 12:35
□ 7月20日(水)午後 1:30 – 2:15
□ 7月20日(水)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月21日(木)午前 9:15 – 10:00
□ 7月21日(木)午前 10:05 – 10:50
□ 7月21日(木)午前 11:00 – 11:45
□ 7月21日(木)午前 11:50 – 12:35
□ 7月21日(木)午後 1:30 – 2:15
□ 7月21日(木)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月22日(金)午前 9:15 – 10:00
□ 7月22日(金)午前 10:05 – 10:50
□ 7月22日(金)午前 11:00 – 11:45
□ 7月22日(金)午前 11:50 – 12:35
□ 7月22日(金)午後 1:30 – 2:15
□ 7月22日(金)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月25日(月)午前 9:15 – 10:00
□ 7月25日(月)午前 10:05 – 10:50
□ 7月25日(月)午前 11:00 – 11:45
□ 7月25日(月)午前 11:50 – 12:35
□ 7月25日(月)午後 1:30 – 2:15
□ 7月25日(月)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月26日(火)午前 9:15 – 10:00
□ 7月26日(火)午前 10:05 – 10:50
□ 7月26日(火)午前 11:00 – 11:45
□ 7月26日(火)午前 11:50 – 12:35
□ 7月26日(火)午後 1:30 – 2:15
□ 7月26日(火)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月27日(水)午前 9:15 – 10:00
□ 7月27日(水)午前 10:05 – 10:50
□ 7月27日(水)午前 11:00 – 11:45
□ 7月27日(水)午前 11:50 – 12:35
□ 7月27日(水)午後 1:30 – 2:15
□ 7月27日(水)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 7月28日(木)午前 9:15 – 10:00
□ 7月28日(木)午前 10:05 – 10:50
□ 7月28日(木)午前 11:00 – 11:45
□ 7月28日(木)午前 11:50 – 12:35
□ 7月28日(木)午後 1:30 – 2:15
□ 7月28日(木)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月1日(月)午前 9:15 – 10:00
□ 8月1日(月)午前 10:05 – 10:50
□ 8月1日(月)午前 11:00 – 11:45
□ 8月1日(月)午前 11:50 – 12:35
□ 8月1日(月)午後 1:30 – 2:15
□ 8月1日(月)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月2日(火)午前 9:15 – 10:00
□ 8月2日(火)午前 10:05 – 10:50
□ 8月2日(火)午前 11:00 – 11:45
□ 8月2日(火)午前 11:50 – 12:35
□ 8月2日(火)午後 1:30 – 2:15
□ 8月2日(火)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月3日(水)午前 9:15 – 10:00
□ 8月3日(水)午前 10:05 – 10:50
□ 8月3日(水)午前 11:00 – 11:45
□ 8月3日(水)午前 11:50 – 12:35
□ 8月3日(水)午後 1:30 – 2:15
□ 8月3日(水)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月4日(木)午前 9:15 – 10:00
□ 8月4日(木)午前 10:05 – 10:50
□ 8月4日(木)午前 11:00 – 11:45
□ 8月4日(木)午前 11:50 – 12:35
□ 8月4日(木)午後 1:30 – 2:15
□ 8月4日(木)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月5日(金)午前 9:15 – 10:00
□ 8月5日(金)午前 10:05 – 10:50
□ 8月5日(金)午前 11:00 – 11:45
□ 8月5日(金)午前 11:50 – 12:35
□ 8月5日(金)午後 1:30 – 2:15
□ 8月5日(金)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月8日(月)午前 9:15 – 10:00
□ 8月8日(月)午前 10:05 – 10:50
□ 8月8日(月)午前 11:00 – 11:45
□ 8月8日(月)午前 11:50 – 12:35
□ 8月8日(月)午後 1:30 – 2:15
□ 8月8日(月)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月9日(火)午前 9:15 – 10:00
□ 8月9日(火)午前 10:05 – 10:50
□ 8月9日(火)午前 11:00 – 11:45
□ 8月9日(火)午前 11:50 – 12:35
□ 8月9日(火)午後 1:30 – 2:15
□ 8月9日(火)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月10日(水)午前 9:15 – 10:00
□ 8月10日(水)午前 10:05 – 10:50
□ 8月10日(水)午前 11:00 – 11:45
□ 8月10日(水)午前 11:50 – 12:35
□ 8月10日(水)午後 1:30 – 2:15
□ 8月10日(水)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月11日(木)午前 9:15 – 10:00
□ 8月11日(木)午前 10:05 – 10:50
□ 8月11日(木)午前 11:00 – 11:45
□ 8月11日(木)午前 11:50 – 12:35
□ 8月11日(木)午後 1:30 – 2:15
□ 8月11日(木)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月12日(金)午前 9:15 – 10:00
□ 8月12日(金)午前 10:05 – 10:50
□ 8月12日(金)午前 11:00 – 11:45
□ 8月12日(金)午前 11:50 – 12:35
□ 8月12日(金)午後 1:30 – 2:15
□ 8月12日(金)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月15日(月)午前 9:15 – 10:00
□ 8月15日(月)午前 10:05 – 10:50
□ 8月15日(月)午前 11:00 – 11:45
□ 8月15日(月)午前 11:50 – 12:35
□ 8月15日(月)午後 1:30 – 2:15
□ 8月15日(月)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月16日(火)午前 9:15 – 10:00
□ 8月16日(火)午前 10:05 – 10:50
□ 8月16日(火)午前 11:00 – 11:45
□ 8月16日(火)午前 11:50 – 12:35
□ 8月16日(火)午後 1:30 – 2:15
□ 8月16日(火)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月17日(水)午前 9:15 – 10:00
□ 8月17日(水)午前 10:05 – 10:50
□ 8月17日(水)午前 11:00 – 11:45
□ 8月17日(水)午前 11:50 – 12:35
□ 8月17日(水)午後 1:30 – 2:15
□ 8月17日(水)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月18日(木)午前 9:15 – 10:00
□ 8月18日(木)午前 10:05 – 10:50
□ 8月18日(木)午前 11:00 – 11:45
□ 8月18日(木)午前 11:50 – 12:35
□ 8月18日(木)午後 1:30 – 2:15
□ 8月18日(木)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月19日(金)午前 9:15 – 10:00
□ 8月19日(金)午前 10:05 – 10:50
□ 8月19日(金)午前 11:00 – 11:45
□ 8月19日(金)午前 11:50 – 12:35
□ 8月19日(金)午後 1:30 – 2:15
□ 8月19日(金)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月22日(月)午前 9:15 – 10:00
□ 8月22日(月)午前 10:05 – 10:50
□ 8月22日(月)午前 11:00 – 11:45
□ 8月22日(月)午前 11:50 – 12:35
□ 8月22日(月)午後 1:30 – 2:15
□ 8月22日(月)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月23日(火)午前 9:15 – 10:00
□ 8月23日(火)午前 10:05 – 10:50
□ 8月23日(火)午前 11:00 – 11:45
□ 8月23日(火)午前 11:50 – 12:35
□ 8月23日(火)午後 1:30 – 2:15
□ 8月23日(火)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月24日(水)午前 9:15 – 10:00
□ 8月24日(水)午前 10:05 – 10:50
□ 8月24日(水)午前 11:00 – 11:45
□ 8月24日(水)午前 11:50 – 12:35
□ 8月24日(水)午後 1:30 – 2:15
□ 8月24日(水)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月25日(木)午前 9:15 – 10:00
□ 8月25日(木)午前 10:05 – 10:50
□ 8月25日(木)午前 11:00 – 11:45
□ 8月25日(木)午前 11:50 – 12:35
□ 8月25日(木)午後 1:30 – 2:15
□ 8月25日(木)午後 2:20 – 3:05

———————————————

□ 8月26日(金)午前 9:15 – 10:00
□ 8月26日(金)午前 10:05 – 10:50
□ 8月26日(金)午前 11:00 – 11:45
□ 8月26日(金)午前 11:50 – 12:35
□ 8月26日(金)午後 1:30 – 2:15
□ 8月26日(金)午後 2:20 – 3:05

———————————————

【日記】ブラック・フライデイ

お世話になっております。
にがみ塾の丹上です。

昨日の金曜日に、「ブラック・フライデイ」が始まりました。
毎年11月の第4木曜日にサンクス・ギビング・デイの翌日の金曜日を、
「ブラック・フライデイ」と呼び、小売店でセールが始まります。

ご近所のイオンでも、安売りがおこなわれています。
ウィキペディアによれば、2016年から本格的にイオンでも
ブラック・フライデイ が始まったそうです。

なお、語源は諸説あるそうです。
先日、アメリカ人のかたに、語源を尋ねましたら、
「あれ?私も知らないから、ちょっと待って」と調べてくれました。
そのかたが調べてくれた所によれば、
『セールで黒山の人だかりが出来るから』
とのことでした。

だんだんと、ブラック・フライデイ が
私の中で、季節がクリスマスへと向かうのを知らせる
風物詩になりつつあります。

本日もお読みいただき、ありがとうございます。
明日が皆さまにとりまして、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

【日記】GOOD HAIR DAY

お世話になっております。
にがみ塾の丹上です。

今日の授業にて、心理学に興味をお持ちの生徒さんと、お話をしておりました。
「気持ちの変化と、脳の関係」ということを、聞かせていただきました。
その中で、「身なりがうまく整って、今日は外出したい!」
と思う日があるよね、という話題になりました。

ふと、英語で “good hair day” という言いかたがあることに思い至りました。
『髪型がかっこよく決まる日』『いろんなことがうまくいく日』という意味です。

ちょっとしたことで、晴れやかな心持ちになることがあります。
以前、小説家・中島らも さんが、『その日の天使』というお話を、
インタビューでなさっているのを思い出しました。
ひとりの人に、一日必ず『その日の天使』がいて、
気持ちを救ってくれるのだ、というお話でした。

確かに、一日の中には、きっと必ず何かしら良いことがあって、
それに気付こうとすることで、明るい気持ちになれるのかも知れません。

実を言うと、一時期 “How are you?” と聞かれるのが、
あまり得意ではない頃がありました。
「果たして、私の今日の調子はどうなのだろう?」
と考えすぎてしまうのです。

でも、きっと一日の中で、いろんな良いことがあるはずなので、
『”How are you?” は、それに気づかせてくれる きっかけなのかも』
と考えたら、とても良い言葉だなぁ、と思える様になりました。

生徒さんとお話をしながら、
そういったことを、何とはなしに、考えていた次第です。

本日もお読みくださり、ありがとうございます。
明日が皆さまにとりまして、GOOD HAIR DAY でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

【日記】自主トレ:細かなことをネイティヴに質問

お世話になっております。
にがみ塾の丹上です。

この数か月、(ほぼ)毎日、
私自身の英語の自主トレを兼ねまして、

ネイティブ・スピーカーに15分ほど、
なんとなく気になっていた文法事項やニュアンスについて、
質問しています。

やはり、人や出身国によって
いろいろ説明が変わることも多々ありまして、
とてもおもしろいです。

そこで学んだことを、短く動画で解説させていただき、
アップするのも楽しいかも知れないと、思っています。

だんだん寒くなってきました。
どうぞお身体にお気を付けください。

明日が皆さまにとって良い日でありますように。
お読みいただきまして、ありがとうございます。

にがみ塾 丹上卓哉

【日記】英文法マップ:YouTube での解説を、最近、作り直しています

こんにちは。
にがみ塾の丹上です。

にがみ塾では、英文法を『英文法マップ』という解説方法で、まとめています。
主な英文法をルートマップ状にまとめて、マスターしていきます。

以下は『 V のマップ』と呼ばれるもの。
この様な形にて、まとめていきます。

YouTube での解説を、最近、作り直しています。
より、わかりやすい解説になる様に、去年の動画と比べ、いろいろ変えてみています。

お役に立てれば、幸いです。
本日が皆さまにとって、良い日でありますように。
いつもありがとうございます。

にがみ塾 丹上卓哉

【英単語:英検®準1級・難関大学】hype up

hype up

今回の動画は “hype up” をご紹介します。
この hype は hyper「上」という言葉から来ており、
———————–
◇「大げさに言う」
◆「気持ちが高まる」
———————–
という意味になります。

***************
例えば、◆「気持ちが高まる」のケースでは、

パーティなどに行き…
“I got hyped up!”
「テンション上がった!楽しかった!」
と言えます。

***************
◇「大げさに言う」のケースで、実際の使われ方を、イギリス人のかたに聞いてみました。

例えば、辛い食べ物などを食べて、
“My mouth is on fire!”
「口に火が付いた!」という時、

“You’re hyping up!”
「言い過ぎ!」
とも言えますが、

より日常的には以下の様な言い方をします。
☆ “You’re exaggerating.”
☆ “That’s a bit over the top!”

 

***************

池袋から12分 東武東上線 東武練馬駅 徒歩1分
『大学合格保証』のある英語塾
英検®準1級・2級・大学受験対策

にがみ塾 丹上卓哉

 

【かっこいい英熟語】It’s a stretch.

It’s a stretch.

日常生活の中で、こんな言い方をする時があるかと思います。
「ものすごく無理すればできるかも」
「ちょっと無理っぽいけど」
可能性はあるけど、かなり頑張らないと難しい状況です。

そういう時には、以下の言い方を使ってみましょう。
◇ It’s a stretch.

まさに stretch 名詞「伸ばすこと」なので、「無理して、グーッと引っ張ればなんとかなるかも」という感覚です。

***************

池袋から12分 東武東上線 東武練馬駅 徒歩1分
『大学合格保証』のある英語塾
英検®準1級・2級・大学受験対策

にがみ塾 丹上卓哉

【かっこいい英熟語】cut it fine

cut it fine

cut it fine は「時間ぎりぎりでやる」という意味です。
fine には「細かく」という意味があります。
何かを大まかではなく、余白なくぎりぎりのラインで切り取るというイメージです。

例:I will take an examination next month, but I don’t want to cut it fine. I need to get more prepared for it.
(私は来月、試験を受けるのだけど、時間ぎりぎりで余裕のない準備をしたくないんです。もっと準備しなくちゃ)

にがみ塾 丹上卓哉

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観てきました

ひさびさの映画館

春期講習が終わりまして、自分にご褒美で映画を観てきました。

実は数日前から、何を観ようかなと考えていたのですが、

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開していると聞きまして、「それだ!」と膝を打った次第です。

 


『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、ウィキペディアでは以下の様に説明されています。

本作は2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、2009年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、2012年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く第4作目にあたるが、さまざまな事象によって公開時期が当初の予定から延期されており、公開までに前作から8年以上を要することとなった
(中略)
また、25年間続いたエヴァンゲリオンシリーズの完結作でもある。


引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』シン・エヴァンゲリオン劇場版
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88

どうやら、今回が4部作の完結編とのことです。
と、なりますと、前3部の予習
が必要です。

さもなくば、「おじさんが映画館で訳も分からず、ぼんやりとたたずむ」という、非常に何とも言えない状況になる可能性大です。

 


数年前に『序(第1部)』と『破(第2部)』のみ、観たことがあったのですが、もはや記憶がおぼろげです。

オンライン動画サービスを探しました所、Amazonプライムで、前3部が全て観られる(2021年4月現在)と気付きました。

なんてこった、これはいそがしくなってきた。

 


そういう訳で、きっちり予習後、劇場に足を運んだ次第です。
結果から言いますと、劇場で観て良かったです。

「よくこの映像を作りましたね…」というシーンの連続で、キャラクターの精神世界に踏み込むストーリー展開に、劇場を出た後に、良い意味で、しばらくしみじみしました。

最後に響く宇多田ヒカルのテーマ・ソングが、今作でも、グッと来ます。

 


Amazonプライムでご覧になって、もし良ければ、ぜひ劇場で完結編をご覧ください。

お読みいただき、ありがとうございます。
本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉

in the top と THE top

冠詞 a / the 意味の違い

冠詞 a / the は重要です。

***************

◇ a ― 聞き手が知らない情報

◆ the ― 聞き手が知っている情報

***************

に対して使います。
その為、冠詞 a / the のどちらを使っているか意識することで、より素早く正確に情報を取りやすくなります。

例えば…

◇ “a person” 「聞き手が知らない人」

◆ “the person”「聞き手が知っている人」

となります。

 


さて、その他に、the はある集団の中の、特定部分にも使います。

例えば、ドラマ「ドクター・ハウス」の中に、こんなシーンがありました。

***************

キャメロン医師:
“I was in the top of the class.”
(学生時代にトップ集団にいたんですけど)

ハウス医師:
“But not THE top.”
(1位じゃなかったんでしょう?)

***************

キャメロン医師は、「トップ集団」ですので、the top と言っていますが、「集団の中」ですので 前置詞 in を使っています。

それに対し、ハウス医師は、You are not THE top.(まさに先頭を走るTHEトップ【1位】ではなかったんでしょう?)と揶揄します。

このようにある集団の中の特定部分に関しては、誰しもが想像が付くので、the 使います。

面白いのは、そこに前置詞が一つ入るだけで、さらに意味が豊かなやり取りになるということです。

 


「ドクター・ハウス」、医療のいろいろな背景知識も勉強になり、魅力あるドラマです。

もし機会ある際は、ぜひご覧ください。

 


お読みいただきありがとうございます。

本日が皆さまにとって、良い日でありますように。

にがみ塾 丹上卓哉